« 劇団四季「アイーダ」、東京に来てーーーっっ!! | トップページ | 東京Vシュラン ~ハンバーグの巻♪~ »

エジプトへ(11) ~今度こそ!遺跡編 Part3  赤のピラミッド ~

ここは、ダハシュール。
見渡す限り何もない砂漠の中に、緩やかな三角形が浮かんでいる。
まるで、夕日に照らされているかのように、ほんのり赤い。
 
「赤のピラミッド」は、今に残す、最も古い真正のピラミッドです。
 
「真正(しんせい)のピラミッドって、なになに?」
「それはね、ピラミッドと聞いて、みんなが頭に浮かべる形、 
きちんとした三角錐のことだよ。」
 
そして、勾配が緩やかなのと、赤っぽい石を使って造られているのが特徴なのです。
 
 
「ここが噂に聞いていた、赤のピラミッドかぁ」 
 
どうやら、なんだか大変らしいんです、ここ。
そんな思いを抱きながら、とりあえず、入り口まで行ってみる。
 
ピラミッドの真ん中へん、ちょっと登ったとこに入り口がある。
いや、ちょっとというか、そこまで登るのも結構キツイ。 
 
山登り、っていうか岩登り。急。(ひぇー)
命のてすりに助けられながら、なんとかそこまで辿りついた。
 
下を見下ろしてみる。
高い・・。
下は見ないことにする(笑)。
 
入り口で、ガイドのターレックさんが、一言。
(ターレックさんについては、日本人疑惑編を参照)
  
「ここから、ピラミッドの中に入れますよ。入りますか?
かなり大変ですよ。体力に自信のある方はどうぞ。
でも、僕は行きませんけど。」 (←って、おぃ)
 
「や、やっぱりーー!」   ( ̄□ ̄;)!!
 
噂には聞いていました、かなり大変だということを。
それを聞いた友人は、相当ビビる。
 
体力に自信ある訳じゃないですけど、やっぱここは、ねー?
また来れるかわかんないし・・。
 
「さぁ、行くよ!苦しくなったら、途中で引き返せばいいじゃん。」
 
ってことで、ビビり気味の友人を引っ張って、難関に挑むのでした。
 
 
一歩、足を踏み入れる。
下へと続く、坂道。かなり急。
先が見えない。狭い。低い。蒸し暑い。
 
身をかがめながら、進む。
進む。
進む。
進む。
 
・・・・・。
この体勢はツライ。
 
「まだ、ですかぁー?」
 
・・・・・。
 
まだのようです・・・。
足が・・。
こ、腰が・・。(笑)
 
少し進む。
 
そこで、下から戻ってきた人と遭遇。
お互い、体を側面につけるようにして、道を作り出す。
 
「こんにちはー。」
 
「こんにちはー。もう少しで、広いところに出ますよ。頑張って!」
 
元気が出てきた。もうちょっとだ!
この言葉に勇気付けられ、ようやく、空間に出ることができた。
 
「やったーーーーーー!!!!!」
 
なんだかものすごい達成感を感じながら、少しの間、そこに立っていた。
運良く、そこには他に誰もいなかった。
 
これから同じ道を戻らなきゃいけないことも忘れて、歴史を感じてみるのでした・・。
 
 
いちおう、ピラミッドおまけ。
 
この近くに、屈折ピラミッドもある。
真ん中へんから、急に勾配が緩やかに。
途中で計画変更になったらしく、なんだか「へなりんこ」。
 
サッカラにある、階段ピラミッド。
最古のピラミッド。
真正ではなく、6段くらいの階段状。
ここの砂はキレイだったので、小瓶にGET!  (≧▽≦)b
 
そして、次の場所へつづく・・。

 

|

« 劇団四季「アイーダ」、東京に来てーーーっっ!! | トップページ | 東京Vシュラン ~ハンバーグの巻♪~ »

「旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/137035/3275303

この記事へのトラックバック一覧です: エジプトへ(11) ~今度こそ!遺跡編 Part3  赤のピラミッド ~:

« 劇団四季「アイーダ」、東京に来てーーーっっ!! | トップページ | 東京Vシュラン ~ハンバーグの巻♪~ »