« 『魔界転生』 と 「新橋演舞場」♪♪♪ | トップページ | 「キンキーブーツ」、超満員☆ »

エジプトへ(15) ~今度こそ!遺跡編 Part7  アブシンベル大神殿 ~

ラムセス2世といえば、一番有名なファラオかもしれません。

在位もとても長く、エジプトを繁栄に導いた彼が建てた、
太陽神ラーを奉った神殿こそが、アブシンベル大神殿なのです。

   
~大神殿~ 

4体の巨像が腰掛けている。
とてつもなく、大きい。

近づいてしまうと、見上げても見上げても、すべてを見ることなど
できないくらいの、巨像がそこにはあった。

2体目と3体目の間に、入り口がある。
2体目の像は、頭が崩れていて、足元に転がったまま・・。

4体とも、偉大なるファラオ、ラムセス2世の姿で、
左が一番若い時の姿、順々に年を取った顔立ちになっているのだそう。

「そう言われれば、微妙に顔が違うね。」
 
っていうか、どうやってこれ、造ったんだろ?
やっぱり、ここでもそう思っちゃう。

 
アスワンハイダムを造る際に、今の場所に移築されたらしいんだけど、
一言で移築といっても、ねー。
相当大変だったんじゃないかなーって思う。

最初にやっぱり大きさに驚くのだけれど、近くでよく見てみると、
壁には、細かいレリーフがびっしり刻まれているの。
それがまたすごくきれいなのです。   (*⌒▽⌒*)

 
そして、太陽光も緻密に計算されてます。(おぉっー)

最奥部の至聖堂には、4体の像があってね。

太陽神 ラー・ホルアクティ
太陽王 ラムセス2世
王の守護神 アメン・ラー
宇宙の創造神 プタハ

神と同格だよ。
自分を神格化してるなんて、すごいね・・。

      
1年に2日だけ、かなり離れた小さな入り口から、朝日が直接、差込んで、
3体の像に次々と光が当たっていくんです。
でも、プタハにだけは、太陽光が当たらないように、設計されてるんだって。
(宇宙の神だからね)
 
その神秘が見られる日は、移築されちゃったから、日にち的には、
当時と今とでは、ズレてしまったらしいんだけど。

 
なんか、すごくないですか???
古代エジプト人の知識、技術のすごさを、またまた感じてしまうのでした。

 
それにしても、空が青い!         (~▽~@)♪♪♪

次は、大神殿のお隣、小神殿へ向かいますよ☆

|

« 『魔界転生』 と 「新橋演舞場」♪♪♪ | トップページ | 「キンキーブーツ」、超満員☆ »

「旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/137035/3485363

この記事へのトラックバック一覧です: エジプトへ(15) ~今度こそ!遺跡編 Part7  アブシンベル大神殿 ~:

« 『魔界転生』 と 「新橋演舞場」♪♪♪ | トップページ | 「キンキーブーツ」、超満員☆ »