« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

東京都美術館「ペルシャ文明展」にすべり込み♪

黄金のリュトン 世界遺産・ペルセポリスの栄華
「ペルシャ文明展」
煌めく7000年の至宝
 
東京都美術館で展示されているのですが、
なんと、10月1日まで
これは急いで行かないとーーーーー  Σ( ̄□ ̄)!
ってことで、行ってきました!
 
   
50年ぶりに、ペルシャ文明の全貌が一挙公開されるとのこと。
 
なんかこういうの、好きなんですよねー  (〃▽〃)(〃▽〃)
エジプト展とか、オリエントな感じのものって。
エジプトには行ってきたけど、イランには、なかなかね・・。
治安とか問題なさそうになったら、行ってみたいです。
 
 
目玉は、イラン国立博物館所蔵の
「有翼ライオンの黄金のリュトン」。
 
その名の通り、黄金で出来た翼のあるライオンがお出迎え。
ライオンが置いてあったところは、他のものも、黄金、黄金、黄金☆
「ま、まぶしい!」
 
キラキラです。
やっぱり、すごいですね。細工も細かいし。
   
そして、近くにあった“黄金のマスク”とかも、ちょっと見つめちゃいました。
用途不明ってなってたけど、いったい何に使ったんだろ?
まさか、怪盗とかじゃないよね(笑)。
 
 
いろんな器とか置物とか、動物をモチーフにしてるものが多かったんですが、
これがまた、ちょっとかわいいんです。 (☆▽☆ )
   
とぼけた感じのものだったり、丸みを帯びていたり、
今の私たちから見ると、デザイン的に見える形で、動物たちが、
部分部分に使われてたりする。
 
 
その他、私が気になったものは、
ビーズ装身具と、転がす印章
   
ビーズの腕輪や、首飾り。
なんか欲しいなーって思えるものがありました。
今、使ってもかわいいんじゃないかな♪
とにかく、ホントに7000年前にこんなものが!って、驚くばかり。
   
印章はすごかった!
円筒の周りに模様などが彫ってあって、
粘土などに転がして使うんですねー
いろんな細かい模様がありましたよ☆
 
黄金の短剣もすごかったし、呪いの言葉が彫られているという
碑文(?)のようなものとかも、「ひえぇーー」って思ったし、
結構、満足しました☆
 
   
そういえば・・
当時の情勢を説明してある地図を見ていて、
私はまたある漫画を思い出しちゃいました。(しかも、2つも・笑)
 
だってね、“ヒッタイト”とか、“ミタンニ”とか、“キプロス”とか。
“エジプト”とか、“バビロニア”とか、“アッシリア”とか。
浮かんじゃいますよね、ね。
 
 
まず最初に浮かんだのは、やっぱり“ヒッタイト”ってことで、
あれです(笑)。
「天(そら)は赤い河のほとり」♪ (←またまた登場・笑)
 
そして、「王家の紋章」!!
   
   
展示物をお行儀よく(笑)、見ていたら、
前にいた女の子2人の会話が耳に入ってきた。
 
「あの漫画を思い出しちゃうよね。ヒッタイトとかっていったら、
あの印象が強くてさー。」
 
“そうでしょう、そうでしょう。
  やっぱり、思い出しちゃうよねー”  (~▽~@)♪♪♪
  
心の中で“うん、うん”うなずいちゃってた私なのでした。
  
  
で、実は、このあと、美術館のハシゴをする予定でした・・。
「ダリ回顧展」 上野の森美術館に。
 
だったんですけどね・・。
いやぁ、すごすぎるんですけど(驚)。
 
混んでるとは思ってたけど、まさかあそこまでとは・・。
入場するのに、「60分待ち」って、どういうこと? (ノ-"-)ノ~┻━┻
まるで、ディズニーランドのアトラクションじゃん。
 
ってことで、早々にあきらめちゃいました。 (^^ゞ
こっちはまだ始まったばっかで、来年の1月4日まで
やってるからね~
 
また、改めてもうちょっとしたら、見に来るよ~~
 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

NODA・MAP 『ロープ』、すごい観たいぞ!

どうにかして下さい、次から次へと観たい舞台が
押し寄せてくる(笑)。


NODA・MAP 『ロープ』 ~Bunkamuraシアターコクーン~
 
2006年12月5日(火)~2007年1月31日(水)


NODA・MAPの舞台、観たかったんです!
そして、藤原竜也さんの舞台、観たかったんです!!
さらに、橋本じゅんさんも出てるじゃないですか!!!
宮沢りえさんも気になります!

う、行きたい・・・。
でもお金が・・・。
いや、この間のロトの軍資金をまたここで使っちゃおうか。( ̄ー ̄)(ニヤ)
ふっふっふ。
 
あっさり決定。プレリザーブが始まったら、応募してみよーっと♪
(PIAカード会員先行のお知らせは来たけど、会員じゃないから、まだなのだ~)

でも、取れるかなぁ。人気あるに決まってるし・・。
噂によると、NODA MAP会員の先行も激戦だったようで・・・

 
うーん、2ヶ月公演だから、なんとかどこかに潜り込ませて下さい(祈)!

 
NODA・MAP 『ロープ』情報ページは、こちら
http://www.nodamap.com/02rope/gaiyou.htm
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エジプトへ(17) ~今度こそ!遺跡編 Part9 エジプト考古学博物館 ~

「おぉー、人がいっぱい。」
 
カイロにある、考古学博物館は、世界中から人が集まってきていて、
さすがに、とっても混んでいました。(特に入り口付近がね。)
 
たくさんの展示物があっていろいろ見たんですが、
ここでは、2つに絞って書こうと思います!
 
 
“ツタンカーメンの黄金のマスク”
 
「ま、まぶしいっ!!」
 
思わず、声に出ちゃいそうな程の黄金キラキラ、ピカピカ☆です。
歴史の教科書でよく見たアレです。
 
「こんな感じだった、こんな感じだった。」
  
って言いながら、じぃーっと眺めたり、展示ケースの周りをく
るくる何周もしたりしてしまいました。
  
このマスクは実際見ても、「すごいっっ!」って思いましたね。
いやぁー、なんだかこの時代にタイムスリップしてみたい(笑)。
 
以前は、撮影OKだったみたいなんですが、私が行った時には、
博物館内にカメラを持ち込むことができなくなってました。
やっぱりこのマスクの写真は撮りたかったけど・・。
うーん、残念。
 
マスク以外にも、ツタンカーメンの黄金の副葬品、秘宝の多くが
展示されていて、それらについても興味深かったですけどね。
機会があったら、ぜひ見てみて☆ (☆▽☆ )
 
  
で、さらっと次に行きます。
 
特別料金を支払って、やっぱり見てみた「ミイラ展示室」
死んだ姿を見るのは・・・とも思ったけどね。
  
ここには、あの“ラムセス2世”のミイラもあります。(←かなりおじいさんミイラです。)
だって、確か92歳とか93歳とか、超長生きだったんですよ、彼は。
だからかな、割と穏やかな顔をしていた印象があります。
 
王だけでなく、王妃のミイラも展示されてるのですが、
王妃のミイラはちょっと、正直怖かったです。
特に、入ってすぐ、ご対面のミイラさんは・・・。 
 
カツラを被ってるんですが、それが怖さを演出してます。
そして、顔が苦しそうなんです。
さらに、腕も少し上げていて、何かを掴もうとしていて、掴めない・・っていう感じ。
 
なんか訴えてるよ、絶対。
 
 
っていうことで、遺跡編は今回までで一応、終了にしようかなー
予定では、ハトシェプスト女王葬祭殿とかも書こうかと思ったけど。
 
次は、まだ書いてなかった乗り物編(らくだくんとか)にしようかな♪

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日は試写会☆

明日は、『レディ・イン・ザ・ウォーター』の試写会に行ってきます。
場所は,東京国際フォーラムです♪
 
“ウォーター”のところを、なぜだか “ダーク”と言いそうになる私(笑)。
どうやら、『ダンサー・イン・ザ・ダーク』が顔を出してくるようです・・。
だいぶ前の映画なのになぁ。
それに、“イン・ザ”の部分しか合ってないじゃん。
 
あれは、結構救われないというか、見ていて辛い映画でした・・。
しかぁーーーーも、、その年のお正月、“映画初め”で見ちゃったんですよね。
そういう意味では大失敗(苦笑)。
年明け早々、“ズドーーン”と、重たい気分に。
もっと、笑える映画を見るべきでしたーー
 
 
話は戻って、『レディ・イン・ザ・ウォーター』。
全く、予備知識を入れてません。
 
予告を見る限りではちょっと怖そうだったけど、
ホラーではないはずだから、大丈夫、たぶん。
私、ホラー映画は苦手なので、基本的に見ないのですよ。
 
おもしろいといいなぁ☆  (*⌒▽⌒*)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「United Bamboo」、確かに“かわいい!!”んだよね。

中川晃教さん(アッキー)からのサンデーメール。
そこで、お気に入りブランドが紹介されてましたねー
 
United Bamboo (ユナイテッドバンブー) 
  
そうかー、アッキーはあそこの洋服がお気に入りだったのかぁ。
確かにとってもかわいいんです☆  (〃▽〃)(〃▽〃)
 
 
『アダム エ ロペ』 に置いてあったので、そこでチェックしてたり、
あと、いつも読んでる雑誌とかで、たびたび目にしてましたよ♪
 
ただお値段的に、私としてはちょっと高めなので、なかなかね・・(悲)。
「もうちょっと安かったら、買うのに・・」みたいな感じ(苦笑)。
 
スカートだけだったら、なんとかいけるかなーとか、
でも、ワンピースはちょいムリかも・・とか(泣)。
 
そしたら、舞台を見に行けないなーとか(切実)。
 
 
なので、セールの時とか、あとは臨時収入があった時とか、
そういう時じゃないと、なかなか買えないと思うんだけどね。
 
でも、かわいいから、つい見に行っちゃうんだけど、
最近は行ってないなー、そういえば・・。  
まだ、『アダム エ ロペ』 で扱ってるのかな??? 
   
  
ということで、路面店の代官山店には行ったことないですけど、
リニューアルした、有楽町西武6Fにも
ユナイテッドバンブー(レディース)のコーナーができたそうですよ♪
 
リニューアル後の有楽町西武、行ったんだけど、
6Fまで上がらなかったよーーー
上まで行ってみるべきだった・・。
ってことで、今度はちゃんと6Fまで行くゾ! (≧▽≦)b
(今は買えない可能性大ですが・・・苦笑)
 
 
それにしても、アッキーから、
ユナイテッドバンブーの物をプレゼントしてもらえる女性って、
幸せだね~
  
もちろん、ユナイテッドバンブーの物じゃなくても、
幸せ☆だと思うなー(羨)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

~朧の森に棲む鬼~ 新感線クラブ先行プレ☆結果発表!

先日申し込んでおいたんです、劇団☆新感線FC先行。
舞台はもちろん、あれですよ~


Inouekabuki Shochiku-mix 『朧の森に棲む鬼』


で、結果が今日判明しました!!
な、なーーーーーーーーーんと、

第1希望で、GET!!!!!!!!!!!!!!!!
しかも、土日公演だよ~~      ヽ(≧▽≦)/ヽ(≧▽≦)/
 
 
う、うれしい・・。         
でも、すごいびっくり!
新感線のって、競争率高いからねー
 
見やすい席だといいなぁ。(←人間というものは、欲張りですね・笑)
新橋演舞場って、ちょっと見づらいところもあるんですよね・・。
 
 
ちなみに、公演の詳細はこちら~(松竹のサイト)
http://www.shochiku.co.jp/play/enbujyo/0701/index.html


市川染五郎さんの悪役かぁ。
どんな感じなんでしょうか。
 
あと、私的には、『SHIROH』で大注目!の秋山菜津子さんに期待☆
古田新太さん、阿部サダヲさんの舞台、実はまだ見たことないんですが、
なんだか名前だけで、すでにおもしろそうです(笑)。
 
ホント、楽しみ☆     ヾ(^▽^)ノ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『アンフェア』、SP&映画化!!!!!

今年の1月期に放映してた連続ドラマ、『アンフェア』
私、ホント大好きだったんですよねー  (☆▽☆ )
 
最近は連ドラにハマることがなくて、なんだかあんまり
見なくなっていたんだけど、これは違ってました。
 
なんとな~く軽い気持ちで、第1回目を見始めた私でしたが、
あっという間に、ズブズブ(笑)と、
アンフェアの世界に引き込まれていっちゃいましたー
 
 
事件の犯人を予想しながら、見ているのですが、
「コイツが怪しい!」と思うと、次の回には
そうじゃないことが判明(苦笑)。
素直(笑)に、毎回引っかかってました。 (^^ゞ
 
出演者も事件の黒幕が誰なのか、知らないで演じてたとか。
毎週毎週楽しみだったよー
 
そして、雪平(篠原涼子さん)と安藤(瑛太くん)の関係には、
涙なみだ・・。 (T^T)
 
あー、もう1回見たい!!!
オープニングのナレーションとか、いろんな細かいとこにも
注目して、見直したい・・。
 
 
って、思ってたら、再放送してる!?
・・・・・気づくのが遅かった・・。
途中からになっちゃうけど、今からでも録画しようか・・(悩)。
うーん、やっぱり録画しておこう。だって、絶対後悔しそうだし。
 
 
ということで、大のお気に入りドラマが
今度は、SP版と映画で帰ってくる!!
 
続編、うれしいな~ (~▽~@)♪♪♪
でも、安藤が亡くなっちゃってるとこが悲しい・・。
あのドラマで、「ちょっと瑛太くん、いいな☆」って思ってたの。
だから、ラストは悲しかったし・・。
 
   
SP版は、10月3日(火) 21:00~23:18
『アンフェア the special コード・ブレーキング-暗号解読』

 
映画は、来年3月公開予定
『アンフェア・ザ・ムービー 最期の作戦 オペレーションZ』
                                       (仮題)
  
 
江口洋介さんが新たに加わるそうです♪
楽しみだーーー
絶対、見るよーーーーー
  
  
アンフェア公式サイトはこちら
http://www.ktv.co.jp/unfair/

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

「ハッピーフィート」のペンギンが、かわいいんです♪

先日、「イルマーレ」の試写会に行ったときに、
予告編の中で、見つけちゃいました。 (☆▽☆ )
  
歌って踊る、超かわいい “ペンギン”くん。
2パターンの予告が流れたのですが、どちらもかわいい!
でも、ストーリーはよくわからない(笑)。
 
家に帰ってから、調べちゃいました、
ペンギンくんの正体を。
 
 
「ハッピーフィート」という映画(CGアニメ)で、
日本では、2007年春休み公開予定。
 
声優陣がものすごく、豪華★で、
私がかわいい!と思ったペンギンくんの声は
イライジャ・ウッドみたいなんですよねー
 
その父親を、ヒュー・ジャックマン、
そして、母親を、ニコール・キッドマンが担当☆
 
その他の出演陣に、
ヒューゴ・ウィービング、ロビン・ウィリアムス、とかとか。
 
 
ストーリーというか、舞台設定。(ワーナーのサイトより)
 
南極を舞台にした、歌って踊れる皇帝ペンギンのコメディ・アドベンチャー。
息子ペンギンは、世界一、歌が下手くそだけど、
過激なタップダンスは抜群! (~▽~@)♪♪♪
 
って、これぐらいしか書いてないんで、やっぱりまだよくわかりません(笑)。
でも、確実に心奪われました。
ホント、かわいい!!!!!
すでに、見に行きたいなーとか、思ってたりするのでした♪
  
 
ちなみに、以下で、先出し映像が公開されてるようです。
 
Movie Walker のサイトへ
http://www.walkerplus.com/yokohama/latestmovie/report/report4294.html

そして、ワーナーの予告編サイト。
http://www2.warnerbros.jp/broadband/index.html

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『TITANIC(タイタニック) the musical 』☆☆☆

先日のロトの記事で書いたことに従って、舞台のチケットを
増やしてみました(笑)。

 
ちょっと興味を持っていた、タイタニック・ザ・ミュージカル
ちょうどその時、プレリザーブの期間中。

これは、「応募しなさい!」と言われているようなもの(笑)。
ちょっとだけ気が大きくなってた私は、申し込んでみました。

たぶん、取れないだろうと思ってたのですが、
な、なーーーんと、無事、GET!!!!!
初日に行けることになりました☆   (*⌒▽⌒*)(*⌒▽⌒*)(*⌒▽⌒*)
 
とってもびっくり。キャスト的にも、人気がない訳ないだろうし。
強運、発揮か(笑)。 (←いったい、いつ、強運の持ち主に?・笑)
 
 
で、どんな作品かというと、
   
あの豪華客船タイタニック号の出航から沈没までを、
史実に基づいて描いている作品だそうです。
 
どうやら、音楽が荘厳でスゴイらしいのだ。 (≧▽≦)b
なんだかちょっとゾクゾクする。
   
新年早々、感動作品に出会えるなんて、ホントに楽しみになってきたよ♪
 
 
主なキャストはこちら~
 
松岡充さん(SOPHIA)
鈴木綜馬さん
岡幸二郎さん
浦井健治さん
岡田浩暉さん
紫吹淳さん
諏訪マリーさん  他
 
 
鈴木さん、岡さん、浦井さん、諏訪さんの舞台は見たことがある!
どの方も素晴らしい役者さんです♪
 
松岡さん、岡田さん、紫吹さんも、顔と声は知ってるけど、
まだ舞台では見たことないので、どんな感じなのか・・。
すごい期待しちゃいます!!!

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

エジプトへ(16) ~今度こそ!遺跡編 Part8 アブシンベル小神殿 ~

突然ですが、エジプト三大美女って、知ってますか???
一人は、すぐに頭に浮かびますよね。
 
そう、“クレオパトラ”です。
でも、今日は“クレオパトラ”は横に置いときます。
 
では、あと二人は?
・・・・・。
・・・・・。 
そう聞かれて、私はよくわかりませんでしたー (^^ゞ
 
で、正解は、
 
ネフェルティティ
ネフェルタリ     です。
 
おぉ、なんとなく、聞いたことある!(←って、「天は赤い河のほとり」で読んだとかです・笑)
                             ↑
                          知らない方はまたまた無視して下さいー
                           (ちなみに、漫画です・・)
 
“ネフェルティティ”とは、『遠くから来た美女』っていう意味なんだって。
アクエンアテン王(別名:アメンホテプ4世)の正妃で、まあいろいろあったというか、
謎に包まれている人ですが、この人も横に置いときます。
 
今回大事なのは、もう一人の
ネフェルタリ”です!!
 
“ネフェルタリ”はラムセス2世の正妃で、いろいろなところから、
ふかーく愛されていたことがわかってます。
 
で、その愛情の証として、捧げられた神殿が、アブシンベル小神殿なのです。
 
 
小神殿~ 
 
この神殿を王妃ネフェルタリとハトホル女神に捧げる
 
そう、ヒエログリフで刻まれています。
そして、正面にはやはり像が立っていて、これがまた愛情を示してるんですねー
 
ネフェルタリの像は2体、ラムセス2世の像が4体。
 
ラムセス2世に挟まれるようにして、交互に並んでいます。
つまり、守られてるのですよ。
 
そして、足もとには、小さな王子や王女の像がちょこんとあったりします。
 
ラムセス2世は、たっくさんの后がいて、子供にいたっては200人はいたとか
いうけど、その中にあっても、全くその愛情が揺らぐことはなかったそう。
 
ホントにとっても美しかったんでしょうね。
  
ってことで、次のところへ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「DEATH NOTE(デスノート)」試写会への道、ついに始動!

映画「デスノート」のイベントが昨日、新宿であったみたいですね。
レムの声を、池畑慎之介さんが担当することとか、
香港でワールドプレミアが開催されることとかが発表されたようです。
 
 
    
DEATH NOTE デスノート  the Last name  [ 後編 ]

11月3日 ― 誰が死に、誰が生き残るのか。
 
    
なんだかいよいよだなぁ。ドキドキ☆ 

「後編の方がより楽しめる。ラストシーンは原作と違うので面白い。」 とは、
イベントでの、月(ライト)役、藤原竜也さんのコメント。

「原作を読まれている人も最後まで予想がつかない展開になっています。」
とは、金子修介監督のコメント。


うぅーー、楽しみだよぉぉーー。  ヽ(≧▽≦)/
早く、見たい・・。心の底から。
 
アニメも来月から始まるようで、デスノート、すごいことになりそうです。


そして、そして、
試写会応募券用に、「これにしよう♪」とチェックしていた雑誌が
本日一斉に発売されたよーー
なので、ついに、私、動き出しました(笑)。


とりあえず、定番の「ROADSHOW」を購入。
あと、「MAQUIA」あたりを買おうかと思っております。
ちょうど、メイクの本が欲しかったのだ☆

時々、「美的」は買ったりしてたけど、今回は「MAQUIA」で。
それもこれも、デスノート試写会のため。
当たるといいな~~  (〃▽〃)

私を試写会に連れてってーーー(祈)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

試写会のススメ (5) ~イルマーレ~

今週末公開の、「イルマーレ」試写会に行ってきましたー
場所は、虎ノ門ニッショーホール。
 
このホール、名前はよく目にしてたけど、行くのは初めて。
どのくらいの規模のところなのか、全くわかってなかったので、
開場前に入り口で並んでる人・人・人を見て、
「こんなにいっぱい入れるのだろうか・・」とか思ったりして。
 
結構大きなところなんですね。
無事に見やすい席をGETして、さぁ、映画鑑賞タイムです!


イルマーレ THE LAKE HOUSE

2006年を生きる彼女と 2004年を生きる彼 
会えない人を愛したことはありますか?   (←チラシより)


なんだかせつないキャッチコピーですね・・。
ネタバレしない程度に、ストーリー♪             (~▽~@)♪♪♪
 
****************************
 
2006年、ある「湖畔の家」に住んでいたケイト(サンドラ・ブロック)が、
引っ越すことになって、次の住人にあてて書いた一通の手紙。
その手紙はなぜか、2004年、同じ「湖畔の家」に住む
アレックス(キアヌ・リーブス)のところへ届けられた・・。
 
そこから物語は始まります。
2年の時を超えて、同じポストで、手紙のやり取りをし、
そして、同じ犬を飼っていることにも気づく。(←この犬が、やたらとかわいい♪)
 
会えなくても、2年という時が2人を隔てていても、
同じ街を歩き、同じ気持ちを感じ、お互いが大切な存在になっていく・・。
 
 
「どうしても会いたい。」 
「場所を決めて、2年後、必ず君に会いに行く。」
 
 
2人の恋は叶うのだろうか。
 
****************************
 
少し前に、試写会でこの映画を見てきた友人の反応が、
なんだかイマイチだったんです。
なので、あまり期待せずに見に行ったんですけど、
逆にそれがよかったのか、素敵な映画だったと思います☆
 
この映画は、韓国映画のリメイクなんですが、
それとは、若干、設定が変えられてたりするみたいですね。
(私は韓国版を見てないんですけど・・。)
 
 
物語はホントに静かに流れていきます。
いろんな伏線が張られていて、それは予想できる伏線なんですけど、
そうして、2004年と2006年が交差するように、描かれていきます。
 
時の関係を深く考えてしまうと、つじつまが合わないような・・、
そこで歴史を変えちゃうと、でもあの出来事は???とか
なってしまうので、深く考えずに、さらっと、心穏やかに見ることを
おすすめします♪
 
 
ハンカチをにぎりしめ、ぽろぽろと涙を流すような映画ではないと思うんですが、
隣の人は結構ずっと泣いてたなぁ。
 
心の動きとか、せつなさとかが、激しく、強く伝わってくるというよりは、
じんわり、2人の気持ちが伝わってくるような映画でした。 
 
 
見終わった後の感想は、
 
「見てよかった♪」     (〃▽〃)(〃▽〃)(〃▽〃)
「ジャックがかわいい☆」 
「モーガンが気の毒・笑」 
 
 
上映時間が短め(98分)なのも、よかったです。
途中、飽きるところもなく、見ることができましたよ。 ヾ(^▽^)ノ

 

| | コメント (6) | トラックバック (5)

「キンキーブーツ」、超満員☆

以前に予告で見てから、とっても気になっていた
「キンキーブーツ」、やっと観に行けました!  (☆▽☆ )

予告を見て「おもしろそう」と思っていたのと、
すでに試写会で見た友人が「おもしろかった!」と言っていたのと、
いろんな人の評判がとてもよいのとで、

かなり見たい!熱が高まっておりました。


いざ、日比谷のシャンテシネへ♪
14時台の回を見ようと思って、13時30頃行ってみました。
混雑具合はよくわからなかったけど、

「まぁ、14時台のが無理でも、その次の16時台ので見ればいいか~」

そんな気持ちで、受付に向かったのです、が、が、が!!

「えぇっーーーーーーーーー!!!!!!!!!」

ホントびっくり。   Σ( ̄□ ̄)!
私たちだけでなく、周りからも、どよめきが。
目の前で、16時台のも売り切れました・・(苦笑)。
ものすごい人気です・・。

で、結局、最終回の19時台ので、見ることになりました・・・。

あとからあとから、キンキーのチケットを持った人がやって来る・・。
「きっと、みんなも驚くだろうな・・」と思いつつ、
その時間まで「銀座周辺☆お買い物巡り」なのでした。


で、「キンキーブーツ」を見た感想なのですが、
思っていた通り、おもしろい映画でした♪

そして、感動で涙うるうるになるような場面もあって、
見るのに待たされたけど、大満足☆☆☆

これって、実話を元にして作った映画なんだって。
ちょっと信じられないような、不思議な感じ。
でも、そこがまた、すごいよかった。
人と人のつながりを感じて、
見終わった後、やさしい気持ちになれたかな♪


STORY (チラシよりちょちょっと抜粋。ネタばれはしてないよー)

****************************

突然の父親の死で、倒産秒読み寸前の靴工場を相続したチャーリー。
優柔不断な彼の前に現れた、救いの女神は、
ロンドンはSOHOに君臨する美のカリスマ、
“オトコであることになじめない” ドラッグクイーンのローラだった!

工場を救う新商品の開発に悩むチャーリーと、
窮屈な女性用ブーツに悩まされているローラが出会った時、
特殊な“ドラッグクイーン御用達”のキンキーブーツ作りが始まった。

勝負は1ヶ月後のミラノ国際見本市!

自分らしく生きるために、世間の偏見と戦い始めたチャーリーの姿は
やがて、常識の殻に閉じこもっていた工場の従業員たちをも変えてゆき・・・。

一発逆転、奇跡は起きるのか???

****************************


ここで、ひとくちメモ。

【Kinky】 1.変態の、性的に倒錯した
          2.奇妙な、変わり者の


CAST
チャーリー役に、ジョエル・エドガートン。
ローラ役に、キウェテル・イジョフォー。
(↑彼は、180cmもある大男です。でもなんだかかわいい・笑)


特に、ローラがよかったな~(←ローラは架空の人物らしいけど。)
工場の人たちもよかった。

ストーリー的には、ある程度想像できちゃうところもあるんですけど、
心がじんわりあったかくなるような。
とにかく、くすっと笑って、ほんわか感動したい人におすすめな映画です!
見てよかった♪  ヾ(^▽^)ノ

| | コメント (4) | トラックバック (9)

エジプトへ(15) ~今度こそ!遺跡編 Part7  アブシンベル大神殿 ~

ラムセス2世といえば、一番有名なファラオかもしれません。

在位もとても長く、エジプトを繁栄に導いた彼が建てた、
太陽神ラーを奉った神殿こそが、アブシンベル大神殿なのです。

   
~大神殿~ 

4体の巨像が腰掛けている。
とてつもなく、大きい。

近づいてしまうと、見上げても見上げても、すべてを見ることなど
できないくらいの、巨像がそこにはあった。

2体目と3体目の間に、入り口がある。
2体目の像は、頭が崩れていて、足元に転がったまま・・。

4体とも、偉大なるファラオ、ラムセス2世の姿で、
左が一番若い時の姿、順々に年を取った顔立ちになっているのだそう。

「そう言われれば、微妙に顔が違うね。」
 
っていうか、どうやってこれ、造ったんだろ?
やっぱり、ここでもそう思っちゃう。

 
アスワンハイダムを造る際に、今の場所に移築されたらしいんだけど、
一言で移築といっても、ねー。
相当大変だったんじゃないかなーって思う。

最初にやっぱり大きさに驚くのだけれど、近くでよく見てみると、
壁には、細かいレリーフがびっしり刻まれているの。
それがまたすごくきれいなのです。   (*⌒▽⌒*)

 
そして、太陽光も緻密に計算されてます。(おぉっー)

最奥部の至聖堂には、4体の像があってね。

太陽神 ラー・ホルアクティ
太陽王 ラムセス2世
王の守護神 アメン・ラー
宇宙の創造神 プタハ

神と同格だよ。
自分を神格化してるなんて、すごいね・・。

      
1年に2日だけ、かなり離れた小さな入り口から、朝日が直接、差込んで、
3体の像に次々と光が当たっていくんです。
でも、プタハにだけは、太陽光が当たらないように、設計されてるんだって。
(宇宙の神だからね)
 
その神秘が見られる日は、移築されちゃったから、日にち的には、
当時と今とでは、ズレてしまったらしいんだけど。

 
なんか、すごくないですか???
古代エジプト人の知識、技術のすごさを、またまた感じてしまうのでした。

 
それにしても、空が青い!         (~▽~@)♪♪♪

次は、大神殿のお隣、小神殿へ向かいますよ☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『魔界転生』 と 「新橋演舞場」♪♪♪

私、新橋演舞場に初めて足を踏み入れました。
歌舞伎を見ないので、今まで訪れることがなかったんだけど。

新しい劇場に行く時って、ちょっと楽しみだったりします。
どんな感じなのかなぁーとか、行く前に想像したり。


新橋演舞場って、
お土産コーナーとかあって、なんだかちょっとおもしろいですね~
(はとバスツアー用みたいな感じ?)

結構なお値段のお弁当を予約できたりとか、
だから、1回30分の長めの休憩があったりとか、
桟敷席にはお茶が置いてあっていいなぁーとか、
よく行く劇場とはまるで雰囲気が違ってました☆

最近は新橋演舞場での演目も幅広くなって、
タッキーの公演があったりもするし、今後また何かで来ることが
あるかも~と思いながら、劇場見学にいそしむのでした。

って、思ったそばから、あることを思い出した。

「そうだ! 劇団☆新感線の『朧の森に棲む鬼』
  ここでやるんだったーー」
   
   
絶対、来る。来ます!!(決意)
 
 
劇場的には、段差というか、高低差があまりないので、
場所によっては、前の席の人の頭で、ちょっと見にくいです。
前が男の人だったから、なお一層(苦笑)。
 
でも、1つ素晴らしいところが♪
 
座席の奥行き(縦)が広いので、
そんなに足をきゅーってやらなくても、自分の前を通ってもらえます。
観てる時も足をのびのびできます。うん、素敵☆
 
 
で、やっと、本題(笑)。「魔界転生」
山田風太郎原作を舞台化したものですが、私は読んだことないんですよね・・。
だから、忠実に再現されてるのか、それとも独自な感じなのか、
その辺はちょっとわかりません・・。
 
  
なんとなくの、ストーリー♪ (☆▽☆ )
 
柳生十兵衛(中村橋之助さん) VS 天草四郎(成宮寛貴さん)を
中心とした魔界衆。 
   
生前に心残りを持つ者が、秘術「魔界転生」により、
死後の世界から蘇った!
それが、魔界衆。
    
天草四郎が、「キリシタン3万7千人の最期」を背負い、
幕府への復讐を心に誓い、秘術で、次々と蘇らせていく・・・。
その中には、宮本武蔵(西岡徳馬さん)や、十兵衛の父もいた・・。
 
柳生十兵衛は、魔界衆に魅入られた藩主と藩を救うことができるのか?
果たして、戦いの結末は???
 
 
そんな感じですかね~
3幕あったんですけど、1幕目はなんだかバタバタしてる印象があって、
あまり世界に入り込めなかったです、私。
(ちょっとzzzz・・・。)
 
2幕目からは、おもしろコーナーとかあったせいか、
それなりに楽しめました。
柳生七人衆がお笑い担当でしたね(笑)。
彼らが大活躍してましたよ。よかったです。
 
 
ちょっと、「うーん・・」って思ったことと言えば、
なんだか、宮本武蔵があっけなかったような気が・・。
(十兵衛の父もそうですけど・・。)
  
 
それと、想像してたのより、天草四郎の印象が薄い 
(見せ場が少ない?)感じがしました。  
あのチラシの写真とかが、あまりにも美しかっただけに、 
それを期待しちゃった。 
うーん、残念。
 
 
あと、カーテンコールがですね・・、
ものすごく、あっさりしてました。
っていうか、私がそう感じちゃいました。
 
頭の中に、「ダンス オブ ヴァンパイア」のカテコのイメージが
残ってたからかなー。  
あそこまでのは、もちろん期待してなかったけど、
それにしても、ずいぶんあっさり、さらっとしてるのね・・・。
 
「えっ?もう終わり?」 っていう感じで、ちょっと拍子抜け~
余韻に浸ることもなく、あっさり終了してしまったのでした・・。
 
 
と、なんだかいろいろ書いちゃいましたが、
総合的に言いますと、いろいろ微妙なとこもあったけど、
いつもと違った雰囲気の舞台が観れたというところで、
それなりに満足しました。
   
でも、もう1回観たいかと言うと、それはあんまりないんだけどね(苦笑)。 
(うーん、・・・ってことは、やっぱり物足りなかったのかな・・・。) 

 
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ラジニカーント★チャンドラムキ 踊る!アメリカ帰りのゴーストバスター」、気になる(笑)。

あの衝撃(いや、笑撃)作、「ムトゥ踊るマハラジャ」に主演していた、
インド映画界☆スーパースター、ラジニカーントがひさびさに  
日本のスクリーンに帰ってきた!!  
 
渋谷のシアター・イメージフォーラム にて上映中だそうですよ♪
 
すごい気になる・・。
タイトルからして、相変わらず凄いけど、やっぱりどこでも踊りだしちゃうのね(笑)。
なんかちょっと、見たいような・・・。
 
 
「ムトゥ踊るマハラジャ」、私、渋谷に見にいきましたよ。
とっても懐かしい☆
すごく混んでて、次の上映を、座り込んで長時間待った記憶があります。
なんせ、上映時間が長いからねぇ~(笑)。
 
その時、私は生涯2本目のインド映画体験でした。
ふふふふふっ・・。
たぶん普通はこれが1本目だった人が多いはず。(←見た人はね)
 
なんでかっていうとね、
実はそのほんのちょい前に、インドに旅行に行ったから~
そして現地の映画館で、インド映画見ちゃったのですよ♪
いやぁー、すごかった、すごかった。
なにがって、映画もそうだけど、見に来てる人がです(笑)。
 
その辺のことについても、いろいろ書きたいなーと、ふと思ったよ。
だいぶ前のことだけどね~
ということで、後ほど(時期未定~)、インドへの旅の出来事を
書く時にでも、そのことについても書いてみよう♪♪♪
 
 
って訳で、一度相当な衝撃を受けていた私ですが、
現地のあの状況には及ばないけど、日本の映画館で
これ程、熱狂して映画を見ることになるとは、思ってもみませんでした(笑)。
 
最初のラジニが出てくるところ、大爆笑、歓声、拍手喝さい!
ほとんど、ライブ会場状態!!!!!
いやぁ、素晴らしいです、映画も観客も(笑)。 (≧▽≦)b
 
 
今回のもそんな感じで盛り上がってるのかなぁ???
あの時のようなブームは来てないけど、ぜひその空間は
そうであって欲しい~
 
さぁ、みんなで
歌って、踊って、幽霊退治♪(笑)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (3)

中川晃教さん『TOMMY』、出演者速報♪

詳細が不明だった、いのうえひでのり版『TOMMY』。
アッキー以外の出演者が、「劇団☆新感線からのお知らせ」で
ちょっとだけわかりました☆
 
 
【 ロック★オペラ THE WHO'S『TOMMY』】
 
CAST
中川晃教さん
高岡早紀さん
ROLLYさん
小林十市さん
右近健一さん
村木よし子さん
斉藤レイさん  他
 
東京公演:2007年3月 日生劇場
大阪公演:2007年4月 シアター・ドラマシティ
  
これ以外の詳細は未定ですが、もうちょっとしたら、、
劇団☆新感線の公式サイトなどで、発表されるそうです♪
 
高岡早紀さんというのが、私としては、ちょっと意外な配役。
どんな感じなんでしょうか~
 
んー、なんだかドキドキするー。
早く観たいなぁ。  (〃▽〃)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「あまとう」、クリームぜんざい、発見!

北海道物産展・・・。
それは誘惑のフレーズ。
 
物産展には弱い私ですが、北海道のはまた格別♪
カニやいくら、ホタテなどの海鮮丼から、
プリンや、ケーキ、ソフトクリームなどのスイーツまで、
大好き、瞳きらきら ものでいっぱいだからです。 (〃▽〃)
 
 
先日、松平健さんの番組、「GO!GO!サタ」の
上様への献上品のコーナーで、紹介されていた
超おいしそうな「クリームぜんざい」
 
“あまとう” という小樽のお店のもので、
すごいおいしそうだった!
 
食べたいよーって思ってたら、
あったんです、物産展に!(池袋西武)
実演はなかったので、お土産用だけだったんですけど。
(お土産用は税込261円なり~)
 
 
うまぁーーーーーい!!!!! (≧▽≦)/
卵の代わりに生クリームを使ったアイスは、すっきり♪
小豆はもちろん、大きな求肥もちが2つ入ってました。
ホント、うまうま☆
 
小樽のお店に行くと、この上にさらにソフトクリームが載ってるのが
食べられるんだよねー
それで、食べたい。
小樽に行ったら、絶対ココに寄る!!!!
 
 
興味を持った方はぜひ、1度食べてみてね☆ (*⌒▽⌒*)
 
私の行った池袋西武のは、19日(火)までですけど、
北海道展はこれから、あちこちであるから、
そのどこかにも出現するかも♪
 
 
北海道うまいもの会(物産展)情報はこちら
https://www2.seibu.co.jp/wsc-customer-app/page/010/dynamic/top/Top
 
「あまとう」お店のHP(クリームぜんざい)はこちら
http://www.otaru-amato.com/icecream%20page.html
 
「GO!GO!サタ」献上品のページはこちら
http://www.fujitv.co.jp/gogosata/kenjyo/kenjyo.html
 
 
なぜ、人は北海道物産展に弱いのだろう・・・(笑)。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

こけら落とし公演♪ 「恐れを知らぬ川上音二郎一座」。

いつものことながら、めざましTVを見ていたら、
またまた気になるニュースが!!!

ここんとこ、「おぉっ!!」って、身を乗り出してばっかりです(笑)。
 
 
三谷幸喜さんの新作舞台の記者会見の模様が流れていましたー
 
「恐れを知らぬ川上音二郎一座」
 
2007年11月、旧芸術座跡地に誕生する新劇場、「シアタークリエ」
こけら落とし公演だそうです!!(座席数=618席)
 
 
すごーーーーーーーーーい、観たい!!!!!!!!! ヽ(≧▽≦)/
 
三谷さんの舞台、1回生で観たいんです。(1回と言わず、ホントは何回も)
さらに、キャストも魅力的なんですよ~
 
 
主なキャスト☆
 
ユースケ・サンタマリアさん
常盤貴子さん
堺雅人さん
戸田恵子さん
堺正章さん
 
 
私、ユースケさん、結構好きみたいです(笑)。
“「ぷっ」すま”の、剛くんとのグダグダコンビとか(爆)。 
「ぷっ」すま、最高♪

ホント、生で観てみたいです。 (〃▽〃)
 
 
そして、堺雅人さんの舞台も観てみたいと思ってたんですよね。
この間やっていた「噂の男」。
あれ、気になってたんですけど、結局観れなかった・・。 (>_<。)
 
「観たい!」って、思ったのが遅すぎて、完売してた(泣)。
追加販売にはチャレンジできたものの、あっという間に
あえなく玉砕・・。
 
 
まだずいぶん先の話だけど、ちょっと心配。
だって、客席数、そんなに多くない・・。(少ない訳じゃないけどさ)
絶対、観たい人いっぱいで殺到するから、チケットが取れるかどうか・・。
今から、もうすでに心配してる私(苦笑)。
 
救いは2ヶ月公演だということかな。

もし、もし、もし、取れたら、ホントに最高!
今から、お祈りしておこう☆  
 
 
ちなみに、紹介記事はこちら
http://www.oricon.co.jp/news/confidence/34538/

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

まじですかー!? 『特攻野郎Aチーム』、映画化!

あの大人気海外TVドラマシリーズ、「特攻野郎Aチーム」
映画化されるかもしれない!!
 
 
もう、私、大好きなんです。Aチーム。 (☆▽☆ )
少し前に、お昼の枠で、再放送してましたよね?
その時、1話分だけなんですけど、録画して見ちゃいました!
 
 
今、頭の中はあの音楽♪ (チャン、チャチャーン♪ ・・)
 
 
そして、あのセリフ、セリフ、セリフ☆ (オープニングから抜粋でございます~)
 
「・・・不可能を可能にし、巨大な悪を粉砕する、俺たち特攻野郎Aチーム!」

「・・・俺のような天才策略家でなければ、百戦錬磨のつわものどものリーダーは務まらん」
「・・・ハッタリかまして、ブラジャーからミサイルまで、何でもそろえてみせるぜ」
「・・・大統領でもぶんなぐってみせらぁ。でも、飛行機だけは勘弁な!」
「・・・奇人?変人?だから何」
 
きゃぁ、素敵(笑)。 
どれが誰のセリフでしょう?       
ハンニバル? フェイスマン? コング? クレイジモンキー???
ラッキー問題です(笑)!
  
念のため(笑)、わからないよぉ・・という方のための記事はこちら。   
    
テレビ東京(Aチーム情報サイト)   
http://www.tv-tokyo.co.jp/a-team/
       
  
数年前に、ものすごーい見たくなって、DVD情報を
調べたりもしたなぁ。
 
「なんで、吹き替え版のDVDが出てないの!!(怒)」 
                          (ノ-"-)ノ~┻━┻
って思ってたら、その後、BOXで出たけど、
いっぱいありすぎて、値段が高くて買えないよ(苦笑)。
 
  
私は、再放送されてるのを見てたので、
やっぱり、日本語吹き替え版が最高なんです!! ヽ(≧▽≦)/ヽ(≧▽≦)/
クレイジー・モンキーとか、コングとか、おもしろかったよ~
いつも騙されて、飛行機に乗せられて(笑)。
 
 
現在、映画化の企画が進行中らしくて、
Aチームのリーダー役に、ブルース・ウィリスが検討されてるんだって。
 
うーん、ちょっとイメージが・・とは思うけど、
やっぱりオリジナルキャストでは無理ですよねぇ?
結構みなさん、それなりな年齢になっちゃってるだろうし、
亡くなってる方もいるし・・。
 
舞台も現代に移すかもしれないとか言ってるし、
あのAチームとは、別のAチームになるのかな。
 
 
記事はこちら
http://www.eiga.com/buzz/060908/09.shtml
 
 
いずれにしても、どんな感じの映画になるのか、
今後の情報に期待します☆
 
あぁ、Aチームがいっぱい見たい。今すぐに(笑)。(*⌒▽⌒*)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロト6 → 「チケット」へ変身!?

私は、会社の友人の影響で、ちょこちょこ “ロト6”を買います。
(毎週は買いませんけどね。)

もし、1等が当たったら、まずどうしよう、   (≧∀≦)
もちろん、家 OR マンションを買うでしょ、
ゴージャスな海外旅行に行って、そこで何を買おうか、ゆったり考えようか、
とか、いろんな空想、妄想を繰り広げている毎日(笑)です。


この間、ATMで、ちょちょっとロトを買っておいたのですが、
気が付いてみたら、口座の残高がちょっと増えてる???
4等(数字4つが合ってる)が、当たってました☆
 
当選金額でいうと、1万3千円くらいだったかな。
(5等の1000円は割と当たるんですけど、4等以上はなかなか・・)
 
さらに翌週、調子に乗って(笑)、またちょっと買ってみました。
普段は1口(200円)とか、まぁ数口くらいまでなんですが、
5口(1000円分)買ってみたのですよ。
 
そしたら、なぁーんと、
また4等が当たってました!!   ヽ(≧▽≦)/
 
今回は、1万2千円くらいだった♪
 
 
ということで、短い間で、約2万5千円も☆

これだけあれば、舞台のチケットが何枚か買える・・。( ̄ー ̄)

 ↓

観に行く舞台を増やさなければ(笑)! 
(すでにちょっと活動中・笑。その様子は後ほど。)
 
 
億万長者への道はまだ遠いけど、やっぱりロト6って、素晴らしい!!
そういえば、今週はまだ買ってない・・。
どうしよう、やっぱり買っちゃおうかなー(爆)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「キサラギ」、楽しみ~~

今朝、めざましTVを見ていたら、なんだか気になる映画がありました。
 
「キサラギ」。  
  
“アイドルオタク”の5人が、自殺したアイドルの真相に迫っていく
密室サスペンスらしいです。
 
そのオタクを演じる役者さんというのが、
 
小栗旬さん、
ユースケ・サンタマリアさん、
香川照之さん、
小出恵介さん、
塚地武雅さん(ドランク・ドラゴン)  の5人。
 
なんか豪華ですよね。ホントいい感じ☆
私的に、どの人も 「おぉ!!」 と思わせる人ばかりで、
すごく見たい!!って、瞬間的に思いました♪  
 
 
設定もちょっと変わってて、おもしろそう。  (〃▽〃)
『サスペンスもの』好きだし、ストーリーも楽しみ!
 
現場も楽しそうだったなー
スーツ姿でびしっと決めていて、オタクな雰囲気は感じられなかったのですが、
映画の中では、どんなオタクを演じてくれるんだろう(笑)。
早く見たいです♪
 
 
SANSPOの記事はこちら
http://www.sanspo.com/geino/top/gt200609/gt2006091205.html

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

エジプトへ(14) ~今度こそ!遺跡編 Part6 王家の谷 ~

~ルクソール西岸~ 太陽が沈む、死者の場所
 
再生、復活。
 
古代のファラオたちが眠っている・・。
そんな神聖な場所、「王家の谷」へ足を踏み入れた私。
 
影になるところがない。
 
暑い・・。
本当に暑い・・。
暑い・・・。
 
真夏の日差しから、逃れることはできない。
  
入り口から少し離れた王墓までは、とても行けそうにないので、(←暑くて)
割と近くて、見どころの多い墓を選んで、入ってみる。
  
中に入ってみると、
 
壁画がきれいな色で残っていた。
玄室の天井にも描かれていたりする。
とても鮮やか。そして、細かいレリーフ。
3000年もの時を経ているなんて思えない。
                         ( ̄。 ̄)ぼぉー。。
上を向いて、ぼーっと眺めていると、墓内の監視人の
おじいさんが、何か声をかけながら、近寄ってくる。

「ん?」

にこにこ顔のおじいさん。 
手には、なぜかダンボールの切れ端、1枚。
 
ダンボールを私たちに見せる。
ダンボールを指差している。
そして、今度は天井を指差す。
 
「おぉっ!?」
 
ダンボールには何かが描かれていた。
おじいさんのジェスチャーからすると、どうやら
天井と同じものを描いてみたらしい・・。
 
正直に言いますと、
幼稚園児が描いたような感じというか、なんというか・・。
似ても似つかない、“超★芸術作品”だったのですが、
なんだかちょっとおもしろかったです。
 
味わいがあるとも言いますねー
とりあえず、褒め称えて、その場を後にする。(←おじいさん、大喜び)
 
 
そして、
ツタンカーメン王墓にも行ってみました。
ここは、ちょっと小さめです。
 
狭い入り口の階段を下りていく。
奥に小さな部屋。
 
黄金の人型棺がひっそりと置かれていた。
中にはちゃんと王のミイラが収められているという。
 
「若いね。顔の感じが。」
「ここにツタンカーメン王が眠っているんだね。」
 
私たちが見ても、なんとなくわかる。
少年王の雰囲気。
人型棺の顔は、本人に似せて作られるというから・・。
 
歴史資料で見ていたものが、今現実に目の前にあるかと思うと、
なんだか、とても不思議な気分になったのでした。
 
ちなみに、
有名な「ツタンカーメンの黄金のマスク」など、いろいろな発掘物は、
エジプト考古学博物館に展示されていて、ここにはないのですよ☆
 
 
そしてそして、次の遺跡へ。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

DEATH NOTE(デスノート)後編、試写会に向けて♪

いよいよ、いよいよ、デスノート後編の試写会に動きが!!
前編の時と同様に、集英社連合試写会があるみたいですね(パチパチ)。

「週刊少年ジャンプ」に応募券がついてたようですが、
さすがにジャンプは買えない(笑)ので、
他の雑誌を待つことにします。  (^^ゞ
 
 
前編の時は、なんとか試写会に当たり、(←当たらないと思ってたけど。)
見ることができたんですよね~

でも、東京会場の舞台挨拶は、かなり地味でした・・。
ライト(藤原竜也さん)も、L(松山ケンイチさん)も来なかったし、
予定されていたお父さん(鹿賀丈史さん)までもが・・・(うぅ・・)。 (>_<。)

一転、数日後に開催された、プレミア試写会はみなさん勢ぞろいで、
かなり豪華でしたよね~(スガシカオさんの、主題歌披露まであったり)
そっちに行きたかった・・。


そもそも、まさか自分が「デスノート」の映画を見る、そしてハマることになるとは、
思ってませんでしたー
きっかけは、会社の友人が貸してくれた、漫画「デスノート」。
それが伝染し、みんなで回し読み大会です(笑)。

漫画のラストは微妙でしたが、映画の方のラストは違うみたいなので、
ちょっと期待してます☆
                                   (*⌒▽⌒*)(*⌒▽⌒*)

「今度はきっと、ライトが、Lが、挨拶に来る!」 って思うので、絶対当てたいな~
でも、またまた競争率、激しそうだ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『タンゴ・冬の終わりに』、一般発売だったのだ☆

いやぁ~、朝から頑張りました。
 
まずは、某サイトで、千秋楽公演にチャレンジ!
割とすぐつながったんですけど・・・、
思った通り、すでになし・・・(ひゅるる~)。 (°∇°;)
 
ということは、他も同じだろうと思って、
すぐに切り替えちゃいました、他の公演日に。
 
そしたら、取れた!!!   ヽ(≧▽≦)/ヽ(≧▽≦)/
無事、GET
 
やっぱり千秋楽を一般発売で取るのは難しいなぁ。
でも、ま、いいか。
ちゃんと観られるしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「新どっちの料理ショー」、終わっちゃうんだ・・

まさか、そんなに早く終わっちゃうとは思ってなかったから、
すごくびっくりしました。9月で終了の情報。
 
視聴率のこと、あんまり気にしてなかったけど、
低迷してたんですね・・。
 
確かに、視聴者参加型になった時に、なんだか番組が
つまんなくなっちゃって、見なくなった覚えがあるなー
 
で、気がついたら、また違うパターンになってて、
最近はたまに見るようになったのに。ちょっと残念。
 
テーマネタも尽きてきたっていうのもあるのかな。
「旅+グルメ」の番組になるとかって話だけど、
最近そのタイプの番組多いからなー
うーん、どうなんですかね???
 
 
以前放送された、有名パティシエ同士のスイーツ対決。
あれで勝利したお店、ECOLE CRIOLLO」(エコール クリオロ)♪
 
この番組を見て、時々買いに行きだしたんですよねー
本店じゃなくて、松坂屋銀座店にですけど。
 
普段、松坂屋に行かないから、このお店の存在に、まったーーく
気づいてなかったの。
このお店を発見できて、幸せ☆ 
 
この間も「マンゴープリン」を食べたよー
超・超・うまうまーー♪   ヽ(≧▽≦)/ヽ(≧▽≦)/ヽ(≧▽≦)/
 
あと、和スイーツもおいしいっっ!!
「ルレ・マッチャ」とか、最高ー
抹茶ロールなんだけど、中に「わらびもち」が入ってるのぉー
 
フランス人シェフなのに、結構多いです。和のスイーツ。
そして、全体的に、あんまり甘すぎないところがいいなー
 
書いてたら、なんだか食べたくなったよ、私(笑)。
 
 
話がTVから、スイーツへ完全に移ってしまったので、
今日はこの辺で(笑)。  
  
  
ちなみに、今回の対決、ハヤシライス VS オムライス は、
ハヤシライスの勝利!!! どっちもおいしそうだったなぁ。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エジプトへ(13) ~今度こそ!遺跡編 Part5  カルナック神殿 ~

ルクソール。
古代エジプトでは、テーベと呼ばれ、
ある時期、エジプトの中心だった場所。
 
カルナック神殿
ルクソール神殿
王家の谷
ハトシェプスト女王葬祭殿
メムノンの巨像
 
など・・、ここには、たくさんの有名な遺跡があるのです。
(その中のいくつかを書いていく予定。)
 
 
ルクソールについて、ちょっとだけ説明。   (^^)/~~~
 
場所的には、アスワンよりちょっと北。カイロよりはずっと南。
つまり、湿気がない南部の気候に近い。
ナイル川を挟んで、東岸と西岸両方に遺跡が存在している。
 
 
~ルクソール東岸~ 太陽が昇る、生者の場所
 
まずは、
カルナック神殿
 
夜の“音と光のショー”なるものを、体験しに行ってみる。
 
神殿の入り口では、1本のロープが行く手を遮っていた。
その前に、少しずつ、少しずつ、人が集まってくる。
 
ふと、ドラマ仕立てのアナウンスが流れ始める。
 
その場所のお話が終わると、そのロープが外され、次の場所まで。
その繰り返しで、少しずつ神殿内部を進んでいく。
 
天高く伸びる柱の群れ。柱の森のようだ。
私は思いっきり、見上げてみた。
 
空はすでに暗い。
明かりに照らされ、1つ1つに刻まれたレリーフが、
ふわーっと浮かび上がって見えてくる。
 
今日は、日本語アナウンスの日なので、周りはみんな日本人。
エジプトに来てから、観光地でこれだけの日本人に会うのは初めてかも。
(空港で見かけたくらい・・)
 
やっぱり、少しは来てるのね。って、そりゃ、そうだ。
 
って言っても、どうなんだろ?
たぶん、そんな多くない方なのかもね。
 
 
さて、ショーも最後の場所へ。
聖なる池の前に、たどり着いた。
池を目の前にして、観覧席が広がっている。
 
そこで、わかったことがある。
やっぱり今日は人が少ない。
なので、ゆったりと、みんな、思い思いのところへ座る。
 
目の前ではショーが繰り広げられている。
ショー自体はものすごく淡々としていて、正直内容はあんまり
覚えていなかったりする。(苦笑)
 
ただただ、この場所は気持ちがいい。心地よい。
夜の風がすーっと、頬を撫でていく。
 
「すごーい。なんだか風がいいね。」  (☆▽☆ )
 
本当に大げさじゃなく、風というものを感じた気がするのだ。
 
昼間の暑さが嘘のよう。
目の前のショーが子守唄のように感じてくる。
zzzz。
 
そうして、しばらく快適な時を過ごした。(って、つまり・・・)
 
ショーが終わった。
もうちょっと、ここにいたい。座っていたい。そんな気分。
 
名残惜しかったけれど、その場所を後にするしかなかったのでした・・。
 
 
翌日の午前中、再びそこを訪れた。
 
「こうなってたんだーー」
 
夜とはまた違った印象を受けた。
 
そして、今度は
近くの「ルクソール神殿」にも足を運ぶ。
 
ラムセス2世の巨像が私たちを迎えてくれた・・。
 
 
そして、次の遺跡へつづく・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『タンゴ・冬の終わりに』 結果は???

『タンゴ・冬の終わりに』 のイープラス、プレオーダー。
見事、撃沈しました(苦笑)。 
 
やっぱ、欲張って、
千秋楽とかにしたのがいけなかったか・・・。残念。
 
この間の“観劇予定の記事” に
喜びの追加報告ができると思ったのに~~。 (>_<。)
 
堤真一さん、見たいなぁ。
秋山菜津子さん、見たいなぁ。(←「SHIROH」のお蜜さんを思い出す♪)
 
いや、まだチャンスはある!
できれば、千秋楽で見たいんだよなー(って、みんなもきっとそうだよね・・)
うーん、頑張らないとね☆  ヾ(`◇´)ノ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「イルマーレ」、ジャパンプレミア!!

昨日、「イルマーレ」のジャパンプレミアが
六本木ヒルズで、行われましたね♪
 
キアヌ・リーブスとサンドラ・ブロックの舞台挨拶があるってことで、
すごく行きたかった!!!
でも、応募したものの、ハズレちゃったので、行けなかった(泣)。 (T^T)
 
ですが、なんと!!!!
会社の友人がプレミア試写会の方に参加してきましたー
 
その人の友人が当てて、誘ってもらえたそうです。
うらやましい~~
 
レッドカーペットの方は、私も含め、時間的に間に合わないので、
誰も応募せず・・。
ので、もちろん周りでは誰も行ってないので、状況はよくわかりません・・。
 
 
話は戻って、プレミア試写会の方~
それで、その様子を聞いたんですけどね・・・・・。
 
えーと、どうやら、舞台挨拶、あっという間に終わっちゃったらしいですよ。
1~2分くらいだったとか(驚!) 
  
「だとしたら、TVでやってた情報に、ちょっとプラスされたくらい???」
  
「ううん、あれがすべてだよーー」
「え!? もう終わり??? って感じだった」  (°∇°;)
  
だそうです。
普通、もうちょっとやるよね?
朝早くから、座席指定席券に替えにいったらしいから、
せめて、もうちょっとしてあげて欲しかったな。
 
お忙しいんだとは思うけど、もし私がその場にいたら、
すごいショックだわーーーー。
 
 
映画自体もそれほど、おもしろかった訳でもないみたいです・・。
映画の感想は人それぞれで、私自身、見てないので、
なんとも言えないですけどね。
 
ということで、プレミア試写会に行った割には、
テンションの低い、友人がそこにいたのでした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中川晃教さんの公式サイト、リニューアル♪

アッキーの公式サイトが、リニューアルオープンしましたね。
私も先日、ちょっとのぞいてみましたー

INNOCENT
 
天真爛漫、純真無垢かぁー  (〃▽〃)
うん、っぽいね☆ 
 
“晃教”という名前にもその意味が込められているんですね。
「なるほどーって、妙な納得していませんか?」との
アッキーの問いかけに、私はすぐに答えられます。
 
ものすごい納得しちゃいました(笑)!
 
 
を基調にしてますよね。さりげなく文字にですけど。
私、アッキーはが似合うと思ってたから、なんかうれしい。
前の時もそうだったから、その辺、意識してるのかな~
 
ついでに、私のラッキーカラーもだから、Wでうれしいっっ!!
 
 
サイトの感想で言えば、
全体的にかっこよく作られてるなって思います。
そして、アッキーの言葉からは、彼の真摯で真っ直ぐな姿勢、心が
伝わってきます。
やっぱり、アッキー、素敵☆  (☆▽☆ )(☆▽☆ )(☆▽☆ )
 
BILL BOARD のページのところ、
なんかかっこいいんだけど、かわいいですね♪
アッキーがアルファベットになってるよ~~
とにかく、いろんな写真があって、うれしいな。 ヽ(≧▽≦)/
 
 
えっと、ただね、
少しだけ、ちょっと見づらいなってとこがあったんだけど・・・、
それって、私だけなのかなぁ???

そういったところも、
これから、少しずつ少しずつ、変化していくのかな。
それを楽しみに、今後も訪れよう♪
 
 
中川 晃教さん 公式サイト
http://akinori.info/


でも、アッキー、
サンデーメールもあるのに、PRIVATE PAGE もなんて、
大丈夫なのかな???
あんまり、無理しないでね☆

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

観劇予定を書いてみた☆

今後の観劇予定♪(希望も含まれます・笑)。
  
 
2006年  9月 『魔界転生』 G2脚本・演出 ~新橋演舞場~
 
中村 橋之助さん(柳生十兵衛 役)、成宮 寛貴さん(天草四郎 役) 他出演☆
人生初の新橋演舞場♪ (←歌舞伎は見ないからかな。)
花道があるのが、とっても興味深いです。
 
山田風太郎原作「魔界転生」を舞台化したものだそうですよ。
(私は読んだことないですけど・・)
 
 
2006年10月 『ゴルフ・ザ・ミュージカル』  ~PARCO劇場~
 
川平 慈英さん、高橋 由美子さん、池田 成志さん 他出演☆
いやぁ、ゴルフには興味はない(笑)ですが、なんかおもしろそうかなって思って。
なんてったって、成志さんだし(笑)。
  
 
2006年11~12月 『マリー・アントワネット』 ~帝国劇場~
 
涼風 真世さん、新妻 聖子さん/笹本 玲奈さん(ダブルキャスト)、
山口 祐一郎さん、井上 芳雄さん、石川 禅さん 他出演☆
帝劇から発信ですもんねーワールドプレミアだーー
 
山口さんが主役な訳じゃないから、出番は少なめかな???
その辺はちょっと残念だけど、でもでも、楽しみですよね♪
  
  
2007年 1月 『スウィーニー・トッド』  ~日生劇場~
 
市村 正親さん、大竹 しのぶさん 他出演☆
やっぱり、市村さんだし。
ストーリー的にはなんだかすごそう・・。どんな感じになるんだろう。
 
ティム・バートン監督×ジョニー・デップで、映画化も決定しましたね。
この2人の好きそうな話だ。そっちも楽しみー
 
                  おぼろ
2007年 1月 劇団☆新感線 『朧の森に棲む鬼』 ~新橋演舞場~
 
市川 染五郎さん、阿部 サダヲさん、古田 新太さん 他出演☆
新感“染”シリーズですね。
染五郎さんが完全なる悪役に挑戦!!
行きたいーーーー                 (≧∀≦)
でも、確実にチケット争奪戦になるだろうな・・。
 
 
2007年 3月 いのうえひでのり版 『TOMMY』 ~日生劇場~
 
中川 晃教さん 出演☆
精神に深い傷を負ったせいで、視覚・聴覚・言葉を失ってしまう役なんですよね。
ブロードウェイ版は見てないんですけど、アッキーが出るし、やっぱし行くでしょうー
いや、ぜったーーーーーーーーい、行きます!! ヽ(≧▽≦)/ヽ(≧▽≦)/
 
詳細がまだよくわからないので、他に誰が出演するのか不明・・。
ぜひとも、劇団☆新感線のみなさまもご出演下さい(笑)。
 
 
とりあえず、こんな感じかな?
もうちょっと、増やしたいなーって思ってるところです。
お金があれば、もうちょっとどころか・・(笑)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エジプトへ(12) ~今度こそ!遺跡編 Part4  スフィンクス ~

あなたたちを守ります・・・。
 
顔は人間。身体はライオン。それが、かの有名なスフィンクスの姿。
ギザの3大ピラミッドを守るように、佇んでいる・・。
 
正面からその姿を眺めてみる。
真後ろに、カフラー王のピラミッドがそびえている。
 (↑ カフラー王のピラミッド・コンプレックス とイイマス。。)
 
堂々としているその姿。
でも、顔をよく見ると、鼻は欠け、風化が進んでいる。
 
いつ崩壊してもおかしくない。
思わず、「痛い、痛い」って、声を上げてしまう。
 
いったい、何を見つめているのだろうか。
その大きな瞳を見つめる。
そして、同じ視点になってみる・・。
 
・・・・・・・。
・・・・・・・。
 
「あぁ、そうか。。。」
 
「お腹が空いているんだね。」
 
・・・・・・。  (^^ゞ
 
 
はい、みなさん。
気がつきましたね。
 
以前、トリビアで有名になりました、これ。
なので、日本人はそろって、そのお店を見つめています(笑)。
周りの外国人からすると、「相当お腹の減った日本人たち」に
見えたことでしょう。
 
知らない方のために、一応書きますと、
 
「スフィンクスの視線の先には、「ケンタッキー」がある。」 です。
 
へぇーー(←一応、言っておきます。。)
 
 
でも、思っていた以上に、近いですね。
ホントに真ん前です。
ちなみに、1Fがケンタッキーで、2Fがピザ・ハットでした、その時は。
 
なんか、雰囲気が・・・、ねぇ?
 
 
ここで出会った、エジプト人。
ちょっと変。
 
いったい、いつそれを教え込まれたの?
すれ違う人、すれ違う人に、声をかける。
 
「やまもとやまー」 (←あー、これはどっかの国でも・・・。なぜか定番)
 
「さんぺいです。」 (← 振りつきです・・・。)
 
「あー、残念。そのネタはもう古いんだなー」なんて思いながら、
その場を後にしたのでした。
 
そして、次の場所へ・・。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京Vシュラン ~ハンバーグの巻♪~

突然ですが、
私、ハンバーグ、大好きなんです。 (*⌒▽⌒*)
おいしいハンバーグが食べたいなーって、いっつも思ってます(笑)。
 
昨日の東京Vシュランは、
ハンバーグ」ランキングだったのですよ~(パチパチ)
うわぁ~~い!!
  
それを見てて、ものすごく気になるハンバーグがありましたー 
               ツキジ キッチン
第2位になったお店、「tsukiji kitchen」の煮込みハンバーグ☆
(お店のHPは、ココ) 
場所は東銀座駅からすぐ。東劇ビルの地下1階です。
 
ホントにおいしそうだったよぉぉーー   ヽ(≧▽≦)/
デミグラスソースの中で、ぐつぐつぐつ。
ハンバーグを割ってみると、中から・・とろ~り。そう、チーズ!!!!!
うぅ・・、食べたい・・・。
 
なんで、今まで行ってなかったんだろう???
あの辺、ちょこちょこ行ったりもするけど、知らなかった・・・。
場所的にも、お値段(\1,600)的にも、行く価値あり!な感じがしたよ。
 
ってことで、今度ぜひ、行ってみようーー
ただ、土日祝日はお休みみたい。
平日は結構遅くまでやってます。(~23:00 / ラストオーダーは 22:00)
 
でも、今すぐだと混んでそうだから、もうちょっと待ってからにしようかな。
でも、いつまで待てるか、私(笑)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »