« 『DVDシネフェスタ』授賞式&『トンマッコルへようこそ』試写会。 | トップページ | “デスノート”がいっぱい。 »

試写会のススメ (7) ~トンマッコルへようこそ~

まだまだ、ユナイテッド・シネマ豊洲です。
夕日ムービー授賞式(前回の記事参照してね♪)に引き続き、
休憩を挟んで、ようやく試写会が始まりました(笑)。
 
 
『トンマッコルへようこそ』
 
2005年韓国で大ヒットした映画だそうです。
スターが出ている訳でもなく、新人監督作品だったのにもかかわらず、
口コミで広がっていったとか。
 
800万人が笑って泣いた、感動のエンタテイメント!(←キャッチコピー)
 
 
簡単にストーリー(ちらしより抜粋)
*********************************************************
トンマッコル。ここは争いを知らない、子供のように純粋な村。
 
自然と共に暮らし、疑うことを知らない笑顔いっぱいのこの村に
偶然迷い込んだ敵対する北と南の兵士たち。
彼らが互いに銃を突きつけ一触即発の状況でも、村の人たちはマイペース。
のんびり過ごす日常は変わらない。
 
そんな村人たちと暮らすうちに、いつしか憎しみあうことの無意味さを知り、
次第に心を開いて笑顔を取り戻していく。
 
しかし、一方で、トンマッコルに重大な危機が迫っていた・・・。
*********************************************************
 
ちらしの紹介文の中に、
 
~戦いに疲れた兵士たちが“心”と“笑顔”を取り戻していく物語~
 
というのがあったのですが、まさにそうですね。
 
戦いに疲れ、心を失った兵士たちが、敵同士、
銃を突きつけあったり、手榴弾を構えて脅したりしている一方で、
その横では、銃というものも、爆弾というものも知らない村人たちが、
のほほーんと日常生活。
爆弾よりも何よりも、イノシシに収穫物を荒らされることの方が心配なのですね(笑)。
 
その構図がホントおもしろいです。何回も笑っちゃいました。(≧∀≦)
 
だんだんと村人たちに打ち解け、心を通わせていく兵士たち。
たくさんの蝶々が空を舞い、ポップコーンが空から降ってきて(笑)、
奇跡が起きそうな余韻を漂わせています。
 
そんな“幸せいっぱい”なトンマッコルに、重大な危機が迫る訳ですが、
心を取り戻した彼ら(兵士たち)の取る行動は???
 
 
私としては、ラストの展開が望んでいたものではなかったので、
そこが違ってたら、もっとよかったなーって思っちゃいましたけど、
みなさんはどうなんでしょう・・。
でも、思ってたよりいい映画でした。おもしろかったです。 (〃▽〃)(〃▽〃)
 
  
ちなみに、キャスト♪♪♪
頬に傷を持つ北(人民軍)の将校、リ・スファ ・・・チョン・ジェヨン
南(国軍)の将校、ピョ・ヒョンチョル    ・・・・・・シン・ハギュン
あの超☆純粋な女の子、ヨイル      ・・・・・・カン・ヘジョン
空から降って(墜落)、村にやってきた連合軍兵士スミス・・Steve Taschler

  
チョン・ジェヨンさんは、「ガン&トークス」に出てる人らしい。
(見てないけど。ウォン・ビンが出てるってことしか知らないけど。)

今回は、朴訥な感じでよかった。笑顔の感じが、素敵でした♪
そして、かっこよかった!!                             (☆▽☆ )(☆▽☆ )(☆▽☆ )
また、あの頬の傷がいいんですよねー(って・笑)

 
シン・ハギュンさんは、「ガン&トークス」、「JSA」に出てるらしい。
あと、「マイ・ブラザー」でウォン・ビンの兄役を演じた人らしい。
(予告で見たような。でも、やっぱりわからないけど・笑)
 
 
カン・ヘジョンさんは、「オールド・ボーイ」のヒロイン役をやった人らしい。
(そ、そうだったんだ・・。知らなかった・・。)
 
     
そういえば音楽 は、久石譲。 ジブリ作品にはかかせない人ですね。
 
   
以下、ちょっとネタバレしてますので、注意。
  
 
  
  
私としては、北と南の兵士が全滅しちゃったところが、ちょっと・・・。悲しかったです。  
なんで、スミス~!!、間に合わないのよぉぉーーーーっ!!!!! 
  
あんなに蝶々が舞って、奇跡が起きますよ~な感じを出してるのに、
なんだか奇跡が起きてないような気がしちゃいました。
気が付いたら、彼らに感情移入していて、助かってもらいたくなってたので・・。
 
心を取り戻して仲良くなって、お互いにとって大事なものができて、
小さな力でその大事なものを守れたことが、きっと“奇跡”ってことなんだろうなぁ。
確かに、それはひとつの“奇跡”なんだけど、
ミサイルを目の前に、笑顔をされても、なんだか悲しすぎる・・。
ホント切ない・・・。 (>_<。)
 
韓国映画って、そういう結末多いような。(そんなにいっぱい見てる訳じゃないんだけど。)
 
全体的には、おもしろかったんだけど、    
やっぱりどうせだったら、見終わった後に心があたたかくなるような
私にとっての、“本当の奇跡”が起きて欲しかったな~

 

|

« 『DVDシネフェスタ』授賞式&『トンマッコルへようこそ』試写会。 | トップページ | “デスノート”がいっぱい。 »

「映画」カテゴリの記事

コメント

TBありがとう。
あのラストはあれしかないんですよ(笑)
兵士たちは、それぞれが、ようやく、最後の場所がみつかったわけですからね。それ自体が、奇跡のファンタジーだと思います。

投稿: kimion20002000 | 2007年3月11日 (日) 11時40分

コメントありがとうございます。
そうですね・・、ああするしか仕方なかったのかもしれないですね。
でも、すごく切なかったのを覚えてます。

投稿: ゆんた☆→kimion20002000さま | 2007年3月11日 (日) 15時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/137035/3773883

この記事へのトラックバック一覧です: 試写会のススメ (7) ~トンマッコルへようこそ~:

» 映画「トンマッコルへようこそ」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Welcome to Dongmakgol 北から南から空から、死地を求めてトンマッコルへと兵士が集う。山奥のメルヘンチックなその村に一体何があるというの、子供のように純粋な心の住む村・・ 1950年、朝鮮半島を分断する戦いも米韓軍の仁川上陸によって終焉を迎えようとし... [続きを読む]

受信: 2006年11月17日 (金) 00時27分

» 『トンマッコルへようこそ』・試写会 [しましまシネマライフ!]
今日は某フリーペーパーサイトで当選した 女性限定の日活モニター試写会で 韓国映画『トンマッコルへよ [続きを読む]

受信: 2006年11月25日 (土) 11時23分

» 「トンマッコルへようこそ」 お腹いっぱい食べられることだけで満足できればいいのに [はらやんの映画徒然草]
久石譲さんの音楽がとても作品の雰囲気にあっていました。 音楽は全然詳しくないので [続きを読む]

受信: 2007年1月13日 (土) 22時01分

» mini review 07031「トンマッコルへようこそ」★★★★★★★☆☆☆ [サーカスな日々]
カテゴリ : SF/ファンタジー 製作年 : 2005年 製作国 : 韓国 時間 : 132分 公開日 : 2006-10-28〜 監督 : パク・クァンヒョン 出演 : シン・ハギュン チョン・ジェヨン カン・ヘジョン 50年代、朝鮮戦争が続く中、戦争とはまるで無縁の平和な村”トンマッコル”へアメリカ人パイロットのスミス、韓国軍の2人、それに敵対する人民軍の3人がやってきた。最初は警戒し合うもの�... [続きを読む]

受信: 2007年3月10日 (土) 16時25分

« 『DVDシネフェスタ』授賞式&『トンマッコルへようこそ』試写会。 | トップページ | “デスノート”がいっぱい。 »