« アクセス数が!!!! 注目度、すごいね。 | トップページ | 『タンゴ・冬の終わりに』を見てきたよ☆ »

試写会のススメ (13) ~硫黄島からの手紙~

先日、日本武道館で行われた、『硫黄島からの手紙』ワールドプレミア
世界初披露☆舞台挨拶付のプレミア試写会に参加してきました。
(レッドカーペット・セレモニーの時のお話はこちら
  
 
舞台挨拶を
クリント・イーストウッド監督、主演の渡辺謙さん伊原剛志さん
嵐の二宮和也さん加瀬亮さんがしてくれました♪
 
 
挨拶の順番が、
 
渡辺謙さん→二宮和也さん→伊原剛志さん→加瀬亮さん→
(製作の人とか)→最後に、クリント・イーストウッド監督
 
だったので、
謙さんの挨拶の後、マイクがびよ~んと下げられ、二宮くんがご挨拶。
そしたら、その後、またマイクがびよ~んと上げられた(笑)。
その様子がおかしくて、会場から笑いが起きてましたよー
謙さんも伊原さんも大きいからね~
 
  
そういえば、今日は会見の様子がテレビでやってたけれど、
その時の加瀬さんの話がおもしろかった。
 
「プレミア試写会の会場に来ていた両親から電話があって、
『映画の内容のことも言わないで、なんてスピーチが下手なの?
二宮くんを見習いなさい
』って言われた」
 
とか(笑)。
 
えぇ、確かにね、加瀬さんの舞台挨拶は、かなりの緊張ぶりが
伝わってきましたよー
話すことも忘れちゃったみたいな感じで。
最後の“よろしくお願いします”のとこだけ、非常に元気。
「やった、挨拶言い終わった!」 みたいな(笑)。
 
それに対して、二宮くんは確かにすごく落ち着いていて、
ゆっくりと挨拶してくれてて。
大勢の人の前で話したりすることに、やっぱり慣れてるのかな~
あと、監督と何か話したりする様子も見えましたー
  
  
で、ここからは作品自体のお話
 
グアムと東京のほぼ真ん中にある小さな島、“硫黄島”
ここで61年前、太平洋戦争(第2次世界大戦)末期に、実際に起こった戦い、
それが“硫黄島の戦い”であり、米軍の死傷者数が日本軍のそれを上回った
唯一の戦場なんだそうです。
そして、その戦いを、日本側からの視点で描いた作品が、この『硫黄島からの手紙』です。
  
 
ストーリーというか、真実(チラシより)
*******************************************************************

1945年2月19日、アメリカ軍の上陸とともに始まった“硫黄島の戦い”
アメリカ側が5日で終わると考えた戦いを、36日間守り抜いた日本の男たちがいた。
指揮官の名前は栗林忠道 ― 太平洋戦争においてアメリカを最も苦しめた男として、
今もかの地で畏敬の念をもって語り継がれる陸軍中将。
そして、その栗林のもと、一日でも長く祖国を守り抜こうと、死ぬより辛い“36日間”を
戦い抜いた男たち ―。
 
 
アメリカ留学の経験を持つ栗林中将(渡辺謙)の、指揮官としての気高さと、
妻の体を気遣い、残してきた我が家のお勝手のすきま風を気にかける家族思いの素顔。
 
負傷したアメリカの青年兵をひっそりと看取ったオリンピックの金メダリスト(伊原剛志)、
生まれてくる我が子の顔も見ぬまま島へ送られてきた若き父親(二宮和也)の悲しみ・・・・。

今の私たちと同じ気持ちを抱きながら、戦場という極限の場所に立ち、相手に畏敬の念さえ
抱かせた彼らの真実の姿とは―。
 
 
妻へ、母へ、子供たちへ―。
硫黄島の地中から掘り起こされた届けられることのなかった数百もの手紙が、
彼らの素顔を物語る。
 
*******************************************************************

私は正直、この島の存在を、ここでの戦いのことを、全く知りませんでした。
そう昔ではない時にこんなことがあったなんて、信じられない思いです。

この映画は、戦争の悲惨さを、むなしさを、訴えかけてきます・・・
直視してはいられないシーンもあり、本当に重く苦しい映画です。
でも、無念の思いで、生きては戻れないことがわかっていて、
こうした戦いに臨まなければならなかった人たちがいたことを胸に焼付け、
戦争を引き起こさない教訓とするためにも、見ることが必要なのかもしれません・・。
   
 
謙さんも、二宮くんも、伊原さんも、みなさん、すごくよかったと思います。
全米公開が繰り上がって、今度のアカデミー賞の対象になったそうなので、
その辺も期待したいですね。 
 
 
監督/製作 クリント・イーストウッド
製作      スティーブン・スピルバーグ
 
キャスト    栗林中道中将 ・・渡辺謙
         バロン西 ・・・・・・ 伊原剛志
         西郷 ・・・・・・・・・ 二宮和也
         清水 ・・・・・・・・・ 加瀬亮
         伊藤中尉 ・・・・・ 中村獅童
 
 
2006年12月9日(土)ロードショー 
 
“父親たちの星条旗” “硫黄島からの手紙” 公式サイトはこちら
http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/
 

|

« アクセス数が!!!! 注目度、すごいね。 | トップページ | 『タンゴ・冬の終わりに』を見てきたよ☆ »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/137035/4230100

この記事へのトラックバック一覧です: 試写会のススメ (13) ~硫黄島からの手紙~:

» 硫黄島 海軍少将・市丸利之助 「ルーズベルトに与える書」全文掲載(英文含む) [現役雑誌記者による、ブログ日記!]
  TBさせていただきます。今、話題の「硫黄島」。海軍少将・市丸利之助氏の「ルーズベルトに与える書」全文掲載(英文含む) させていただきます。 [続きを読む]

受信: 2006年12月10日 (日) 01時00分

» 【硫黄島からの手紙】 [NAO−C☆シネマ日記]
『父親たちの星条旗』に続く『硫黄島』2部作第2弾・・日本から見た硫黄島 まず観終わって最初に思ったのは、クリント・イーストウッド監督はやっぱり凄いって事{/hakushu/} アメリカ人である監督が、よくぞここまで日本兵を描ききったな〜と・・。 この作品、映画としては派手さはないし、 エンターテイメントとして楽しめるものでもない。 だけど、どちらの国に偏る事無く硫黄島での戦いを見せてくれ、 (�... [続きを読む]

受信: 2006年12月20日 (水) 22時46分

» ★「硫黄島からの手紙」 [ひらりん的映画ブログ]
クリント・イーストウッド監督の硫黄島二部作の二本目。 日本側から見た戦争のお話。 戦争映画苦手なひらりんとしては、 覚悟してみなくちゃいけません・・・。 [続きを読む]

受信: 2006年12月21日 (木) 00時22分

» 映画「硫黄島からの手紙」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Red Sun, Black Sand (Letters From Iwo Jima) 硫黄島に眠っていた、その手紙は61年ぶりに発見された、地中にあった硫黄島からの手紙、それは輸送爆撃機「一式陸攻」によって配達されるはずだった・・ 時は1944年6月、指揮官として陸軍中将の栗林忠道(渡辺謙... [続きを読む]

受信: 2006年12月21日 (木) 01時48分

» 硫黄島からの手紙 [映画鑑賞★日記・・・]
『LETTERS FROM IWO JIMA』公開:2006/12/09(12/10鑑賞)製作国:アメリカ監督:クリント・イーストウッド製作:クリント・イーストウッド、スティーヴン・スピルバーグ、ロバート・ロレンツ脚本:アイリス・ヤマシタ出演:渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童、裕....... [続きを読む]

受信: 2006年12月21日 (木) 12時46分

» 硫黄島からの手紙 [映画とはずがたり]
クリント・イーストウッド監督が、 第二次世界大戦を兵士たちの視点から描いた、 話題の2部作の日本編!! 信念を貫き、日本をそして愛する家族を守ろうとした男たちを、 日本を代表する俳優たちが日本語で演じきった、 映画史に残るハリウッド大作の誕生だ!! STO...... [続きを読む]

受信: 2006年12月24日 (日) 14時06分

» 硫黄島からの手紙 [uni’s cinema diary]
観終わった後のこの気持ちは、今まで観たどの戦争映画とも違う。 上手くいえないけれ [続きを読む]

受信: 2006年12月24日 (日) 18時05分

» 【劇場鑑賞138】硫黄島からの手紙(LETTERS FROM IWO JIMA) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
1945年 硫黄島 アメリカが5日で終わると思っていた戦争を 36日間守り抜いた日本人たちがいた これは彼らの話である [続きを読む]

受信: 2006年12月24日 (日) 22時43分

» 「硫黄島からの手紙」 アメリカ人も日本人も、同じ人間 [はらやんの映画徒然草]
イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」に続く硫黄島二部作の二作目です。 「父親 [続きを読む]

受信: 2006年12月25日 (月) 23時54分

» 硫黄島からの手紙 [シネクリシェ]
 この作品を観てつくづく感じさせられたことは、自分はクリント・イーストウッドのよき観客にはとうてい成り得ないことでした。  この名優にして老 [続きを読む]

受信: 2006年12月26日 (火) 03時22分

» 「硫黄島からの手紙」見てきました。 [よしなしごと]
 この映画のおかげで「硫黄島に行くにはどうすればよいのか?」という問い合わせが今までは月に1回くらだったのが、今では1日に何回も問い合わせがあるようになってしまったと新聞に載っていました。と言うわけで硫黄島からの手紙見てきました。... [続きを読む]

受信: 2006年12月26日 (火) 21時41分

» 「硫黄島からの手紙」試写会レビュー 私は日本人 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
クリント・イーストウッド監督が撮る戦争映画はこれで完結された。僕は、彼の「父親たちの星条旗」に続く圧倒的なパワーを感じ、自分は日本人だということを感じたのだ。 [続きを読む]

受信: 2006年12月27日 (水) 12時51分

» 日本は硫黄島で2度負けた〜「硫黄島からの手紙」 [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 一部の軍事マニア、元軍人を除いて、どれだけの日本人があの小さな島、硫黄島での激戦に思いをはせてきただろうか。東京都に属するこの島の位置すら、僕らは指し示すことができない。クリント・イーストウッド監督(76歳!)の「硫黄島からの手紙」を観て、というか硫黄....... [続きを読む]

受信: 2006年12月30日 (土) 17時30分

» 硫黄島からの手紙 [悩み事解決コラム]
{amazon}  「父親たちの星条旗」を観る前に、「硫黄島からの手紙」を 観た。「父親〜」は近いうち観ると思うので、総括はまた その映画鑑賞後書きたいと思う。  国家が敵・味方を分けるが、国家が分けた敵・味方の 区別など一体何なのであろう?... [続きを読む]

受信: 2007年1月 4日 (木) 14時55分

» 硫黄島からの手紙−(映画:2007年7本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、松崎悠希、中村獅童 評価:72点 公式サイト (ネタバレあります) 何が凄いって、これだけ日本人がワラワラと出てくる映画が洋画であって、監督がクリント・イースト....... [続きを読む]

受信: 2007年1月20日 (土) 08時30分

» 「硫黄島からの手紙」 世界でシェアすべき作品   [やまたくの音吐朗々Diary]
公開中の映画「硫黄島からの手紙」を観賞。監督・製作:クリント・イーストウッド。製作:スティーヴン・スピルバーグ、ロバート・ロレンツ、製作総指揮・共同原案:ポール・ハギス。脚本:アイリス・ヤマシタ。出演:渡辺謙 、二宮和也 、伊原剛志 、加瀬亮 、中村獅童ほか戦況が... [続きを読む]

受信: 2007年1月21日 (日) 07時10分

» 『硫黄島からの手紙』’06・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ]
あらすじ戦況が悪化の一途をたどる1944年6月アメリカ留学の経験を持ち、西洋の軍事力も知り尽くしている陸軍中将の栗林忠道(渡辺謙)が本土防衛の最後の砦ともいうべき硫黄島へ。指揮官に着任した彼は、長年の場当たり的な作戦を変更し西郷(二宮和也)ら部下に対す...... [続きを読む]

受信: 2007年2月12日 (月) 00時43分

» 『硫黄島からの手紙』 [京の昼寝〜♪]
世界が忘れてはいけない島がある ■監督 クリント・イーストウッド■脚本 アイリス・ヤマシタ ■キャスト 渡辺 謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬 亮、中村獅童  □オフィシャルサイト  『硫黄島からの手紙』  戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。 アメリカ留学の経験を持ち、米軍との戦いの厳しさを誰よりも覚悟していた陸軍中将・栗林(渡辺 謙)が硫黄島�... [続きを読む]

受信: 2007年2月24日 (土) 10時52分

« アクセス数が!!!! 注目度、すごいね。 | トップページ | 『タンゴ・冬の終わりに』を見てきたよ☆ »