« 試写会のススメ (12) ~プラダを着た悪魔~ | トップページ | とにかく歩いた日(2) ― R burger(アール・バーガー) »

とにかく歩いた日(1) ― 映画「アザーライフ」

先日ちらっと書いた、渋谷、表参道、新宿、有楽町(銀座)に
またがる、私の一日には、いくつかの目的がありました。
 
その中のメインの目的は、なんといってもコレ。 (〃▽〃)
映画「アザーライフ」
 
この映画を見るために、最終的にそうなっちゃったみたいな(笑)。
 
 
渋谷のQ-AXシネマでしか公開されてなくて、
しかも今はレイトショーでしかやっていないという映画。
 
 
この映画に興味を持ったのは、以前の記事にも書いたけど、
池田成志さんが出演されてるからなんです♪
さらに、他のキャストさんたちや、ストーリーもよさそうだったので、
渋谷の、しかも周りが怪しい、あんな場所にある映画館でのレイトショーだったけど、
頑張って行ってきました(笑)。 (←映画館自体は、すごくきれいですけどね。)
 
  
とりあえず、お昼頃行ってチケットを取ってから、 
                                 (↑結局、そんな必要はなかった。だって・・苦笑)
いろんなところをぐるぐる回り、21:10~23:00のレイトショーへ。
 
入る時に、特典の「アザーライフ」オリジナルディスクプレゼントがもらえました☆
2種類あって、どちらか好きな方という感じだったので、デザインで選んじゃいました。
だって、なるしーはどっちにも入ってないんだもん(笑)。
 
ちなみに、チラシとかにも使われている人形がデザインされていた方で、DiskAです♪
(まだ見てないんですが・・。)
 
 
【DISC-A】 撮影前のキャストのコメントを収録
   
【DISC-B】 撮影後のキャストのコメントを収録 
 

簡単にストーリー☆☆☆(公式サイト、チラシより)
*****************************************************************
 
大手商社の経営にあたる大杉航一郎(遠藤憲一)は最愛の娘、遥を亡くし
心身ともに疲れ果てていた。
ある日、街で娘に瓜二つの女性、マキ(金田美香)と出会う。
 
心惹かれていく大杉だが、彼女は希望もなく、すさんだ日々を送っている娼婦だった。
互いに出会うはずもない人生の中で、偶然知り合った二人。
環境の違いに戸惑いながらも次第に惹かれあっていく…
 
しかし、その頃から周囲におかしな出来事が起こり始める。
この出会いは運命か、綿密に仕組まれた罠なのか。 
 
 
同じ頃、恋人に裏切られたショックから立ち直れずに自殺を試みる女性、美優(清水ゆみ)。
意を決した日、そんな彼女を待っていたかのように声をかけてきた男(岡田達也)がいた。

「その命、少しの間貸してほしい」
その男は美優にある提案を持ちかける。
彼の目的は一体何なのか。
  
まったく接点のない人生を送る12名が、導かれるように辿り着く1つの結末
そして待ち受ける未来は…
 

この映画のために書き下ろされたオリジナル脚本のもと、
映画、演劇界においてカリスマ的人気を誇る演技派が競演した
“本格的ミステリーラブストーリー”です。

*****************************************************************
 
これ、ホントおもしろかったです。 (*⌒▽⌒*)
あらすじでは書ききれていない、いろんな関係・・・。
最初はいろいろバラバラのように見えていたいくつものストーリーが、どっかで繋がってきて、
そして、すべての人が繋がっていきます。
  
 
池田成志さんは着流し姿披露の、謎の占い師役ですが、ちょっと出番は少なめ・・。
私もなるしーに、占って欲しい(笑)。
「このまま全然出てこないの???」って思ってたら、
ちゃんと最後にまた出てきてくれました。 (☆▽☆ )(☆▽☆ )
「そうだったのか・・。」ですね。 
 
主演の遠藤憲一さんは、名前を見てもピンと来なかったんだけど、
顔を見たら、「あぁ、あの人!」(笑)。渋かったです。
 
ヒロインのマキ役の金田美香さんは、12歳と20歳の二役を演じているのですが、
見事でしたね。かわいかったし。
12歳の役が出来るなんてすごいわ~
 
 
最初は、人物関係を理解するのに大変ですが、見ているうちに、いろんなことが
わかってくる。
ラストも、「そうだったかぁ。そこもつながってたんだね。」
  
本当によく考えられた話だな~っていう印象。(見るのに、ちょっと頭使いますけど。)
ハラハラするところもあるし、ホッとするところもあるし、非常に楽しめましたー
 
もっとたくさん上映して欲しいなぁ。 
そしたら、もっとたくさんの人に見てもらえて、話題になりそうなのにね。
(席もいっぱい空いてて、なんか残念でした・・。)
 
  
最後に、監督とキャストについて☆☆☆
 
でも、どの人がどの役をやったのか、一部の人しか顔と名前が一致しないんです。
ごめんなさい。(パンフレットを買うべきだったかな?)
ご存知の方、教えていただけるとうれしいです♪
 
 
監督・脚本 ・・・・・ 赤池義洋さん
            (現役の技術系サラリーマン♪)
 
 
大杉航一郎 ・・・・ 遠藤憲一さん
マキ&大杉遥 ・・・ 金田美香さん
 
成本恭平 ・・・・・・ 岡田達也さん(演劇集団キャラメルボックス)
(自殺を止める男)
美優 ・・・・・・・・・  清水ゆみさん
(自殺を試みる女) 
 
典光 ・・・・・・・・・  池田成志さん
(謎の占い師・マキへ助言)
  
 
あと、
Studio Life(スタジオライフ)から、
笠原浩夫さん
岩崎大さん
山本芳樹さん
 
それに、
木内晶子さん
松田悟志さん
徳澤直子さん
大内厚雄さん。
  
 
ホントにどの役をやった人なのか・・・。
なんか気になるな~。 ( ̄。 ̄)
 
“演劇集団キャラメルボックス”も、“Studio Life”も気にはなってたけど、
まだ見たことないんですよね・・。
そのうち、行ってみたいとは思っております、ハイ。
 
     
『アザーライフ』公式サイトはこちら  
http://d2pictures.drive.ne.jp/other_life/
  
渋谷Q-AXシネマのサイトはこちら
http://www.q-ax.com/index.cfm?action=top
  

|

« 試写会のススメ (12) ~プラダを着た悪魔~ | トップページ | とにかく歩いた日(2) ― R burger(アール・バーガー) »

「映画」カテゴリの記事

池田成志さん」カテゴリの記事

「演劇」カテゴリの記事

コメント

ゆんた☆さん
レポありがとうございます~!観にいかれたんですね!
いいなあ。なるしーも出てるし、岡田達也も出てますもんね。
そっかあ、良かったんだー♪
DVD化されたら、是非観てみよう!っと。

投稿: みんみん | 2006年11月 8日 (水) 22時52分

頑張って(笑)、見に行ってきました☆
なので、レポというか、単なる感想ですが、書いてみましたー
(っていつもそんな感じなんですけどね・笑)

実際見に行ってみて、お客さんが少なくて悲しかったですが、
映画自体はおもしろかったと思います♪

なるしーは“ワンポイント”って感じで、
あんまり出てこない(泣)んですけど、
岡田達也さんは、いっぱい出てきますよ~
 

投稿: ゆんた☆→みんみんさま | 2006年11月 9日 (木) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/137035/4104829

この記事へのトラックバック一覧です: とにかく歩いた日(1) ― 映画「アザーライフ」:

« 試写会のススメ (12) ~プラダを着た悪魔~ | トップページ | とにかく歩いた日(2) ― R burger(アール・バーガー) »