« DEATH NOTE(デスノート)、Lのスピンオフ決定♪ | トップページ | ようやく、「ダリ回顧展」。 »

「トーチソングトリロジー」・・・。

PARCO劇場で、「トーチソングトリロジー」を観てきました☆
ちょっと余韻が残ってます・・。いい舞台でした。
 
そんなに期待してた訳じゃなかったんですけど、(←なら、なぜ行く?・笑)
「橋本さとしさんが出てるから、行こうかな~」みたいな。
 
 
3幕構成で、結構長い舞台ですが、1幕ごとの時間が短いので、
あんまり時間を感じないかもしれないですね。
  
 
簡単にストーリーとか(チラシより)
*******************************************************
   
愛してる?
愛されている?
でも まだ充分じゃないの・・・
   
 
トーチソングとは、片思いや失恋をうたった歌のこと
 
友達、恋人、親と子・・、
さまざまな人とのかかわりの中で生まれるいろんな愛のかたちをを描いた、
ちょっと痛い3つの愛の物語。
 
ACT1(アーノルドとエド)
ACT2(アーノルドとアラン、エドとローレル)
ACT3(アーノルドと母そして、デイビッド、エド)
 
 
ナイトクラブで働くゲイのアーノルド(篠井英介)は
バイ・セクシャルのエド(橋本さとし)と付き合い始める・・。
しかし、エドは、アーノルドを大事に思っていると言いながら、
女の恋人ローレル(奥貫薫)を選んでしまう。
  
エドはローレルに、自分がアーノルドと付き合っていたことを告げていた。
ある日、2人は自分たちの別荘に、アーノルドを招くことにしたが、
彼は若くてハンサムなアラン(長谷川博己)を連れてやってきた。
エドはそれが面白くない。
4人で過ごす週末が始まり、奇妙な4角関係の会話が絡み合っていく。 
 
アーノルドはデイビッド(黒田勇樹)という男の子を養子に迎える。
しかもエドまで転がり込んできた。
そんな時、アーノルドの母親(木内みどり)が現れる。
彼女は息子を愛してはいるが、ゲイであることをいまだ認めない。
ののしり合いはどんどんエスカレートする。
愛するがゆえにすれ違う母と子。
不器用な二人はなかなか本当のことばが伝えられない・・・。
 
*******************************************************
 
愛してる?
愛されている?
でも まだ充分じゃないの・・・

 
冒頭で手話を交えて語られるこの“ことば”。
これが根底に流れている感じです。
人間の本質っていうんでしょうか・・。
 
素直になれなかったり、いろいろ臆病になってしまったり、
そうした葛藤が描かれていきます。
設定は違うけど、思い当たることもあったりしますよね、やっぱり・・。
 
 
このお話、思っていた以上によかったです。 (*⌒▽⌒*)
3幕を通して出てるのは、篠井英介さんと橋本さとしさんの2人で、
あとの4人は入れ替わり立ち替わりです。
 
篠井さんの舞台は初めて観たのですが、なんかかわいかった(笑)。
やっぱり彼はこういう役は上手いんでしょうね。ぴったりでした。
別の舞台もちょっと観てみたい♪って思わせてくれました。
 
 
やっぱり、橋本さとしさんは、いいですね~
なんかはじけてて(笑)。
ホント笑わせてもらいましたー (≧▽≦)b
 
 
奥貫さん、長谷川さん、たぶん初めてだと思うんですが、
お二人もよかったー (☆▽☆ )
長谷川さんは、役柄のせいですかね、妙に色っぽかったです(笑)。
全く別な感じの役での彼を観てみたいかな。 
 
   
それにしても、先月の「GOLF THE MUSICAL」に引き続いての
2度目のPARCO劇場でしたが、なんかココいいな~
ここに来るまでの渋谷の街は好きじゃないですが(笑)、
あんまり大きくないから、表情とかよく見えるし。 
 
あと、全員が芸達者な人たちなので、前回同様、安心して観てられました。
そういう意味でも、PARCO劇場の舞台っていいかも
 
なんでつい最近まで、ココの舞台を観てこなかったんだろう???
かなり失敗(笑)。
 
来月もまたPARCO劇場に、「みんな昔はリーだった」を観に行きます!
これもおもしろいといいなぁ。 (〃▽〃)
・・・たぶん、大丈夫でしょう、なるしー出るし(笑)。 
  

|

« DEATH NOTE(デスノート)、Lのスピンオフ決定♪ | トップページ | ようやく、「ダリ回顧展」。 »

「演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/137035/4376690

この記事へのトラックバック一覧です: 「トーチソングトリロジー」・・・。:

« DEATH NOTE(デスノート)、Lのスピンオフ決定♪ | トップページ | ようやく、「ダリ回顧展」。 »