« 「写楽考」がぁぁーー | トップページ | ひさびさ更新。「コンフィダント・絆」 »

「ブラッド・ダイヤモンド」。

少し前に、映画「ブラッド・ダイヤモンド」を見てきた。

私的には見てよかったと思える作品だった。
アフリカのいろんな問題を取り上げた作品を
よく目にするようになったけど、これもその一つ。
 
正規のルートを通らずに不正取引された
紛争ダイヤモンド「ブラッド・ダイヤモンド」を巡る物語。
途中で描かれる映像は過酷過ぎて、目を覆いたくなる。
やみくもに至るところで銃撃される様子、
少年たちがさらわれ洗脳され、兵士となっていく様子。
苦しい…。
 
そんな中、
この作品でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた
ダニー・アーチャー役のレオナルド・ディカプリオ、
やはり助演男優賞にノミネートされた
ソロモン・バンディー役のジャイモン・フンスーが
すごくよかった。
迫力ある熱い演技で、二人ともアカデミー賞を受賞しても
おかしくなかったんじゃないかなって思えた。
 
ラストは泣けた…。
 

|

« 「写楽考」がぁぁーー | トップページ | ひさびさ更新。「コンフィダント・絆」 »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/137035/6205204

この記事へのトラックバック一覧です: 「ブラッド・ダイヤモンド」。:

» 映画「ブラッド・ダイヤモンド」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Blood Diamond 100カラットのピンク・ダイヤモンド、社会派ドラマのつもりで観たが少々様子が違っていた・・父と息子の強い絆、男同士そして男と女の友情みたいな感動・・ アフリカの大地は血で出来ている。1カラットが0.2gなら100カラットで20g、ダイ... [続きを読む]

受信: 2007年4月26日 (木) 02時24分

» ブラッド・ダイヤモンド 見てきました [よしなしごと]
 社会派映画なのに、異例(?)の大ヒット作、ブラッド・ダイヤモンドを見てきました。 [続きを読む]

受信: 2007年4月27日 (金) 02時21分

» ☆ 『ブラッド・ダイヤモンド / BLOOD DIAMOND』 ☆ [honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜]
ダイヤモンドと云えば、永遠の愛の象徴――と思ってきたけれど、その輝きの裏側には、紛争の資金源となる血塗られた石という顔もあるんだということを、恥ずかしながらこの作品で初めて知りました…。 かくいう私もダイヤモンドを一応持っているけれど、それはどこからど...... [続きを読む]

受信: 2007年5月 4日 (金) 09時44分

» 【2007-48】ブラッド・ダイヤモンド(BLOOD DIAMOND) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
地球の奥で生まれた── 幻のダイヤ それは人を狂わせる ダイヤの価値を決める“4つのC”── color(色) cut(カット) clarity(透明度) carat(カラット) しかし、実は5つめのC<conflict(争い)>が存在することを、あなたは知る── [自由][....... [続きを読む]

受信: 2007年5月20日 (日) 22時28分

« 「写楽考」がぁぁーー | トップページ | ひさびさ更新。「コンフィダント・絆」 »