« ミュージカル「キャバレー」のチケットGETです♪ | トップページ | 「恐れを知らぬ川上音二郎一座」抽選結果の巻 »

試写会讃歌(19)-ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

先週の話ですが、ハリー・ポッター最新作、
「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」の試写会に
行ってきましたー
今回からいよいよダーク色が強くなって、核心に
せまっていくということだったので、ちょっと楽しみに
してた訳ですが。。
ハリー・ポッターの映画ということで、会場には
お子様がわんさか(苦笑)。
吹替版じゃないのにな。。
まぁ、映画の種類的に仕方ないんだけど。
 
やっぱり黙ってられない子とかいて、
子供はそれで仕方ないとしても、親も注意するどころか、
上映中、一緒になってしゃべってるし。
今回の場合は、親が悪い!(怒)
そんな感じだった。
でも、不思議だったのは、結構大きな子だったのに、
親の膝の上で見てたことなの。
それって、許されちゃうのかしら。。
一枚しか当たんなかったのを、無理やり家族4人で
来たみたいで、もっと小さい子ならOKだと思うけどねぇ。。
そんなだから、その席の前に座ってた人は、
うるさいだけじゃなく、ガンガン座席を蹴られて
集中できなかったみたいだった。。
まだ私は「うるさいな。。」程度で済んだから、
「よし」としないといけないかしら(苦笑)。
 
 
えっと、その辺は置いておいて、映画の感想
(一部ネタバレ含みます)
  
どうなんだろう。。
私的には、ものすごいおもしろかったとは言えないんだけど、
原作を読んでるとまた違うのかなぁ。
それに、私はハリーの世界にどっぷり人間ではないから、
そこら辺でも印象は違うと思うけど。
 
ちょっと話題になってたラドクリフくんのキスシーンも、
「あれ、いらなくない?」と思うような取ってつけた感じの
シーンに見えた。
不死鳥の騎士団も気がつけば、あんまり活躍シーンが
ないというか、控えめだよね(苦笑)。
もっと活躍していただきたかったんですが。
 
でもでも、お気に入りキャラだった、シリウス・ブラックがぁぁ!!
悲しすぎるんですけど。
なんか渋くてちょっと好きなキャラだったのに。
まさかあんな風にあっけなく死んじゃうなんて(泣)。
復活してくれないかなぁ。
そしたら、うれしいのに。
 
こうなると、あとは、ロンの双子の兄たちを応援しよっかな(笑)。
 
 
あらすじ(goo映画より)
ホグワーツ校の5年生となったハリー。彼が闇の帝王
ヴォルデモート卿と戦ったという事実があるにも関わらず、
魔法界の人々は、ヴォルデモート卿の復活を信じようとしない。
そんな最中、魔法大臣のコーネリアス・ファッジは、ホグワーツの
アルバス・ダンブルドア校長が自分の権力を弱体化させるため、
ヴォルデモートの復活について嘘をついているのではないかと
心配する。そこでファッジは、ダンブルドアと生徒達を見張るため、
「闇の魔術の防衛術」に新しい先生を採用する。
しかし、採用されたアンブリッジ先生の授業は、若い魔法使い
たちの防衛術を強化できるようなものではなく…。
[ 2007年7月20日公開 ] 
 
 
監督
デイビッド・イェーツ
 
出演
ダニエル・ラドクリフ
ルパート・グリント
エマ・ワトソン
ヘレナ・ボナム=カーター
ロビー・コルトレーン
イメルダ・スタントン
マイケル・ガンボン
ゲイリー・オールドマン
 

|

« ミュージカル「キャバレー」のチケットGETです♪ | トップページ | 「恐れを知らぬ川上音二郎一座」抽選結果の巻 »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/137035/7163513

この記事へのトラックバック一覧です: 試写会讃歌(19)-ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団:

« ミュージカル「キャバレー」のチケットGETです♪ | トップページ | 「恐れを知らぬ川上音二郎一座」抽選結果の巻 »