« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

東京ディズニーランド、やっぱり最高♪

昨日、東京ディズニーランドで遊び倒しました(笑)。
いやぁ、やっぱりあそこは夢の国だね~~
 
今回の目的は、先週リニューアルされた
「カリブの海賊」でジャック・スパロウに会うこと!
そして、ウォータープログラムのショーで、水と戯れること(笑)
 
真っ先に「カリブの海賊」へ。
今回のリニューアルで、ファストパスが適用されてるかなと
思ってたら、そうじゃなかった。
だから、いそいそと並ぶ。待ち時間90分だそうな。
でも、実際はもうちょっと短かったけど。
キャプテン・ジャック・スパロウ
姿も動きも映画そのまま、そっくりなの~ 
映画の音楽も流れてるし。
ちょっと感動。かっこいいわ~
そして、途中で霧のような滝に映し出される
デイビィ・ジョーンズの仕掛けがおもしろかった!
午後にもう一度、「カリブの海賊」には乗ったけど、
その際、建物の中に入って待ってる間に、
後方から歓声が聞こえてきたの。
振り返ってみると、ジャック・スパロウに扮したキャストが
登場。こちらに手を振って歓声に応えてた。
似てるわねぇ。ものすごい間近だった訳じゃないから、
なおさらそっくり(笑)。
彼は夜のショーにも登場するんだよね。
 
と、ショーの話に移ります。
今回のショーはホントおもしろかった!!
また見に行きたい♪♪♪
特にウォータープログラムのショーが楽しい☆
 
まずは、「クール・ザ・ヒート」
シンデレラ城の前で行なわれる噴水ショー。
グーフィーってば、やっちゃったわね(笑)。
シンデレラ城のあちこちから、尋常じゃない量の水が
吹き上がって、そして踊るようにこちらにも降りかかる!
悲鳴とともに、テンションが上がる私。
マジですごいです。ずぶ濡れです。
開始時間の少し前に行ったので、正面だけど、
どちらかというと後方にいたはずなのに。。
どうもちょうど降ってくる位置だったのかも。
前の人はもっとすごいんだろうが、十分ずぶ濡れ。
「スプラッシュ・マウンテン」の一番前でかかる水の量なんて、
かわいいもんです。
でも、超☆楽しかった!! 
 
「グーフィーのクールパニック」
パレードルートを、大量の水を振りまきながら
マシーンが暴走。見ていた位置がよくなかったのか、
あまり水がかからず、残念。
 
夜からの私たちは大忙し。
「エレクトリカルパレード・ドリームライツ」
リニューアルされて、「モンスターズインク」や
「ファインディング・ニモ」も登場♪
ウォータープログラムの時は、写真を撮ってる余裕が
なかった(笑)ので、このショーではちょっと携帯でパシャリ。
 

Photo_4Photo_5
   

2_22_3
   
 
   
   
  
  
         
  
     
   
終わると同時に、シンデレラ城の前へと急ぐ。
楽しみにしてたもう一つのショー、
「ウェット&ワイルド・パイレーツナイト」!!
夜のシンデレラ城前に、なんと、ジャック・スパロウと
海賊たちが登場。炎が吹き上がり、大量の水が
降り注ぐ!!!
圧巻。炎の量がハンパないです。そして、熱い!
焼けちゃう!って思う程。そして、水もたくさん降ってくる。
ライトアップもキレイ。
ジャックとともに、ショーも盛り上がり、大満喫ーーー
また見たいよ~~(^-^)/
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「テイクフライト」が超☆楽しみになってきた!

PARCO劇場のサイトで、いつものように舞台情報を
チェックしてた私。それは少しの前の話。
 
ミュージカル「テイクフライト」
でも、その時わかった出演者の情報は、主演が天海祐希さんで、
演出が宮本亜門さんということだけ。
他には誰が出るのかなぁ?って思ってたところに、
みんみんさんのブログで、
「橋本じゅんさんも出るらしい」との情報を得て、
「おぉぉーー」テンションが上がる私。
さらにそこで「池田成志さんも出演するんだって」との
コメントを発見!
「うひょひょーー♪♪♪」と若干壊れ気味にテンションが上昇(笑)。
 
そりゃ、観に行くでしょ。二人揃っちゃうなんて、幸せすぎ。
っていうか、これって、笑い満載の舞台なんだろうか。
二人のやり取りが頭ん中、勝手に浮かんでくる(笑)。
かなり楽しみな舞台になって来ましたよ~~
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ようやく「キサラギ」。

公開前から、というかこの映画が作られるという
ニュースを知ってから、とっても気になってた「キサラギ」。 
行くタイミングを逃してて、ようやく先日見に行ってきましたー
 
 
あらすじ(goo映画より)
知る人ぞ知るアイドル如月ミキが自殺をして一年が経ち、
一周忌追悼会に集まった5人の男たち―家元、オダユージ、
スネーク、安男、イチゴ娘。ファンサイトの常連である彼らは
そこで初めて顔を合わせた。それぞれオタク心を通わせながら、
彼女の思い出話に花を咲かせる。誰しもが「自殺なんかする娘
じゃない」と思っていた。そして誰かが「彼女は殺されたんだ」と。
この発言をきっかけに、男たちの侃々諤々の推理が始まった…。
 
出演
小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、
塚地武雅、香川照之
 
  
期待通り、結構おもしろかったですね~
話は、ずっと一つの部屋の中だけで繰り広げられていく。
それなのに、全く飽きなかった。
先の展開が読める部分もあるけど、新たな事実が
どんどん出てきて、二転三転するのがよかった。
5人のキャラもそれぞれ個性的で笑えたよ~~
また見てもいいかな♪
ついでに、「踊る大捜査線」も見たくなった(笑)。
   

| | コメント (2) | トラックバック (1)

「恐れを知らぬ川上音二郎一座」抽選結果の巻

東宝ナビザーブから「恐れを知らぬ川上音二郎一座」の抽選結果が届きました。
見事に撃沈です(苦笑)。予想はしてたけど、案の定・・・
厳しい戦いは始まったばかり。頑張らないとー

| | コメント (4) | トラックバック (0)

試写会讃歌(19)-ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

先週の話ですが、ハリー・ポッター最新作、
「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」の試写会に
行ってきましたー
今回からいよいよダーク色が強くなって、核心に
せまっていくということだったので、ちょっと楽しみに
してた訳ですが。。
ハリー・ポッターの映画ということで、会場には
お子様がわんさか(苦笑)。
吹替版じゃないのにな。。
まぁ、映画の種類的に仕方ないんだけど。
 
やっぱり黙ってられない子とかいて、
子供はそれで仕方ないとしても、親も注意するどころか、
上映中、一緒になってしゃべってるし。
今回の場合は、親が悪い!(怒)
そんな感じだった。
でも、不思議だったのは、結構大きな子だったのに、
親の膝の上で見てたことなの。
それって、許されちゃうのかしら。。
一枚しか当たんなかったのを、無理やり家族4人で
来たみたいで、もっと小さい子ならOKだと思うけどねぇ。。
そんなだから、その席の前に座ってた人は、
うるさいだけじゃなく、ガンガン座席を蹴られて
集中できなかったみたいだった。。
まだ私は「うるさいな。。」程度で済んだから、
「よし」としないといけないかしら(苦笑)。
 
 
えっと、その辺は置いておいて、映画の感想
(一部ネタバレ含みます)
  
どうなんだろう。。
私的には、ものすごいおもしろかったとは言えないんだけど、
原作を読んでるとまた違うのかなぁ。
それに、私はハリーの世界にどっぷり人間ではないから、
そこら辺でも印象は違うと思うけど。
 
ちょっと話題になってたラドクリフくんのキスシーンも、
「あれ、いらなくない?」と思うような取ってつけた感じの
シーンに見えた。
不死鳥の騎士団も気がつけば、あんまり活躍シーンが
ないというか、控えめだよね(苦笑)。
もっと活躍していただきたかったんですが。
 
でもでも、お気に入りキャラだった、シリウス・ブラックがぁぁ!!
悲しすぎるんですけど。
なんか渋くてちょっと好きなキャラだったのに。
まさかあんな風にあっけなく死んじゃうなんて(泣)。
復活してくれないかなぁ。
そしたら、うれしいのに。
 
こうなると、あとは、ロンの双子の兄たちを応援しよっかな(笑)。
 
 
あらすじ(goo映画より)
ホグワーツ校の5年生となったハリー。彼が闇の帝王
ヴォルデモート卿と戦ったという事実があるにも関わらず、
魔法界の人々は、ヴォルデモート卿の復活を信じようとしない。
そんな最中、魔法大臣のコーネリアス・ファッジは、ホグワーツの
アルバス・ダンブルドア校長が自分の権力を弱体化させるため、
ヴォルデモートの復活について嘘をついているのではないかと
心配する。そこでファッジは、ダンブルドアと生徒達を見張るため、
「闇の魔術の防衛術」に新しい先生を採用する。
しかし、採用されたアンブリッジ先生の授業は、若い魔法使い
たちの防衛術を強化できるようなものではなく…。
[ 2007年7月20日公開 ] 
 
 
監督
デイビッド・イェーツ
 
出演
ダニエル・ラドクリフ
ルパート・グリント
エマ・ワトソン
ヘレナ・ボナム=カーター
ロビー・コルトレーン
イメルダ・スタントン
マイケル・ガンボン
ゲイリー・オールドマン
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミュージカル「キャバレー」のチケットGETです♪

最近ちょっとしたブームになっている阿部サダヲさんが
出演するミュージカル「キャバレー」
チケットを無事GETしましたー
といっても、あまりにも秋以降に気になる舞台が多すぎて、
席種のランクを落としてるので、よい席じゃないけどね。
でも、こればっかりは仕方ない。。
 
ついでにいうと、青山劇場では過去2度程、音響が
悪かった経験があるので、あんまり好きじゃない劇場
なんだけど、 阿部サダヲさんの他にも、
秋山菜津子さんも出るから、行かないと(笑)。
松雪さんの舞台は見たことがないので、どんな感じなのか
気になるしね。
ってことで、楽しみに待つことにします。
 
 
演出は松尾スズキ。
 
出演者は以下の通り☆(PARCO劇場HPより)
 
サリー・ボウルズ(キット・カット・クラブの歌姫)   松雪泰子
MC(キット・カット・クラブの司会者)  阿部サダヲ
クリフ(アメリカ人作家)  森山未來
シュルツ(ユダヤ人果実商)  小松和重
エルンスト(ナチスの政党員)  村杉蝉之介
コスト(シュナイダーの下宿に住む若い娘)  平岩紙
シュナイダー(下宿屋の女主人)  秋山菜津子
 
 
これからもきっと増えるよ、私の観劇予定(笑)。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

試写会讃歌(18)-フリーダム・ライターズ

「フリーダム・ライターズ」の試写会に行ってきた。
場所は新宿明治安田記念ホール。
ここのホールに来るのは、かなり久しぶり。
っていうか新宿西口方面自体が久しぶり。
地下から行ったんだけど、地下道がなんだか
キレイになってて、お店が連なってた。
こんな風だったっけ?
まっ、あんまりそっちの方、歩かないから、
知らなかっただけかも。
 
ところでこの作品、実はあんまりよく知らなかったの~
友人からのお誘いで見に行った感じで。
でも、ホント見に行ってよかったよー
 
実話を元にした作品で、実在の新米教師エリン先生と、
過酷な生活環境の中、互いに憎しみ合うだけの
ウィルソン高校の生徒たち。
そんな荒れ果てた203教室に起きた奇跡の実話。
生徒たちが自分たちの人生を綴ったノートから生まれた
「変わることへの勇気」の素晴らしさ。
生徒たちのために全身全霊を捧ぐ先生とそんなノートによって
彼らは犯罪の世界から抜け出していく。
後味がさわやかな映画。入り込んで見ちゃいました。
オススメします。
思わず、原作読んでみようかなっと思ったのでした。
あそこまで一生懸命な先生に出会ったことはないですが、
でも実在の先生ですもんね。
 
 
Cinema Topicsより
 
銃の替わりにペンを持ったとき、未来は僕らのものになった。 
 
キャスト
ヒラリー・スワンク、パトリック・デンプシー、
スコット・グレン、イメルダ・スタウントン、
マリオ
 

| | コメント (0) | トラックバック (3)

劇団四季「ウィキッド」を観てきた♪

観てきました、劇団四季「ウィキッド」
まさかこんなに早く観に行けちゃうとは。。。
そもそも来年3月まで観に行く予定はなかった
のだけれど、それもこれも友人のおかげ♪
カレッタ汐留のレストランで食事した時に
もらった応募券で、「ウィキッド」招待券が
当たったんだって!
お誘いいただけて、感謝感激の私です。
 
いやぁ、この汐留の電通四季劇場「海」に
来るのはかなり久しぶりのこと。
前々回の演目「マンマ・ミーア」以来です。
すっかり様子も変わって、エメラルドの世界。
招待された席も非常に見やすい良い席で、
大満足~~
おもしろかった、よかったです!!!
 
  
今回の主要キャスト☆
 
グリンダ         沼尾みゆき
エルファバ        濱田めぐみ
ネッサローズ      小粥真由美
マダム・モリブル 森 以鶴美
フィエロ              李 涛
ボック                 金田暢彦
ディラモンド教授  武見龍磨
オズの魔法使い  松下武史
 
 
性格も外見も全く違う2人の女の子が、
反発しあいながらも、次第に理解しあっていく様子、
いろんなことに悩みながらも自らの道を進んでいく
様子が描かれていきます。
「オズの魔法使い」のお話の裏側、2人の魔女の物語。
緑の肌と魔法の才能を持つエルファバは
「西の悪い魔女」として追われるようになり、
一方、「善い魔女」としてみんなに慕われていくグリンダ。
そして、2人が想いをよせる王子、フィエロ。
でも三角関係のお話というのではなくて、あくまでも
2人の友情の物語。友情に涙。。。
「オズの魔法使い」で悪として描かれていた魔女も
別の角度から見ると、悲しくて切ない想いが溢れてる。
 
とにかく、エルファバ役の濱田めぐみさんはスゴイ!!!
役に合ってる、意志の強い雰囲気が。
声質がそういうのにぴったりだし、とにかくうまい。
あれだけ歌えたら、気持ちいいよなぁ。
見せ場いっぱいだし、うん。とってもよかった♪
でも毎回あんなに緑色にしなくちゃいけないのって、
大変そう。。。
 
グリンダ役の沼尾みゆきさんは、一番最初の
シーンでは、セリフがぎこちないかな?って
思ったけど、キャラキャラ~な感じの頃は
あややっぽくて、なんかかわいくなった(笑)。
 
フィエロ役の李涛さんは少し甘めの声が
いい感じです。「ライオンキング」のシンバを
彷彿とさせるあのシーンは思わず笑っちゃいました。
でもまさかフィエロがああなっちゃうなんてねぇ。。。
 
あの「オズの魔法使い」でドロシーと一緒に旅をする
心のないブリキ男と、臆病なライオン、そして、
脳ミソのないかかし、彼らの由来も登場したりして、
その辺がおもしろかった!
でも、「オズの魔法使い」のストーリーがうろ覚え(苦笑)。
今度3月に観に行く時には、その辺も復習してから
行こう~っと。その時は別の角度から見ないとね。
 
そうそう、衣装とか舞台装置とかもよかったよ~
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ハリー・ポッター」試写会に当たったよん。

「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」の試写状が
届きましたー
プレミア試写会には当たんなかったけど、
とりあえずこっちが当たっただけでもよしとしよう~~
ふっふっふ。
 
公開中の映画でいえば、
あぁ、そろそろ「キサラギ」見にいかないと~~
「憑神」も気になるけど、行けるかなぁ。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ちょっと、ごぶさた。

わっ、1週間以上、ブログ更新してなかった。。
その間は、なんだかんだと、ま、普通に
日々過ごしておりました(笑)。
 
とりあえず、今週末には
「オーシャンズ13」の試写会と、
友人が当選したので、これまたタダで
劇団四季「ウィキッド」を観に行きます。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »