« 東京ディズニーランド、やっぱり最高♪ | トップページ | 「ダイ・ハード4.0」をようやく→「朧の森」 »

試写会讃歌(20)-HERO 完成披露試写会

「HERO」の完成披露試写会in日本武道館に
行ってきましたー
ちょっとお休みをいただいて、15時30分の
座席指定引換時間のちょい前くらいに武道館へ。
太陽が燦燦と降り注ぐ中、目の前に広がる景色は
人・人・人!!!
武道館の敷地から列が出てしまいそうな勢い。
さすがジャニーズ。。。恐るべし。
暑さにやられそうになりながら、約1時間。
すでにこの時点でお疲れモードな私。 
 
で、今回は本編の上映が先で、終映後に舞台挨拶の形。
映画が始まって、キムタクがスクリーンに映し出されるだけで、
歓声が上がって、びっくりしたよ。
そんなだから、あのラストシーンの時は、ものすごい歓声。
どよめきとも言えるのかも・・。
キムタクが舞台挨拶で言ったあのスペイン語がキーポイントだね♪
映画自体は、ドラマを見てなかった人にでも楽しめる作りに
なってるかな。もちろん、見てる人の方がいろいろ
思い入れもあって、より楽しめるでしょうけどね。
うん、おもしろかったです♪
 
ちなみに、イ・ビョンホンの出番はほんのちょっとですが、
彼の部下役の人がなんだかいい感じ(笑)。
タモリの悪徳代議士役はちょっと微妙だったけど、
あとはみんながみんないい味を出しておりましたー
 
さてさて、舞台挨拶へ。
ラストシーンの客席の歓声に驚いたという出演者たちが
HERO’Sレッドカーペットを伝って、舞台上へ。
SMAPライブに紛れ込んでしまったかのようなテンションに、
会場全体が揺れる。
超豪華な舞台挨拶。フジテレビのイベントだから、ド派手だし。
(司会はとくダネの笠井アナ)
城西支部の面々全員を含め、ほとんどの人が来てくれた感じで
とってもうれしい。
来てくれたのは、
木村拓哉、松たか子、大塚寧々、阿部寛、勝村政信、
小日向文世、八嶋智人、角野卓造、児玉清、国仲涼子、
田中要次、鈴木雅之監督。
あと、警備員役の変わった名前の人(笑)。名前の大合唱まで
したのに忘れちゃった。
 
阿部ちゃんの挨拶がボケボケしてておもしろかったなぁ。
客席に「デカイ?」とか聞いたりしてたし(笑)。
八嶋さんは客席からの「ヤッシー」コールすべてに
反応してて笑えた。
田中マスターの「あるよ」も飛び出したし。
みんなの挨拶にキムタクや松たか子も笑ってて、
仲良さそうな、和やかで楽しい雰囲気が伝わってきたよ~
大ヒットしたら、続編?みたいなことをいろんな人が口にしつつ、
キムタク人気健在なのを、肌で感じた試写会でした☆
 
それにしても、定員5000人に対して、応募総数20万通って、
すごい倍率・・。ファンクラブ枠もかなりあったし、
それ以外の枠でよく当たったよなぁ。
今年の運を使い果たしちゃったかな(苦笑)。

|

« 東京ディズニーランド、やっぱり最高♪ | トップページ | 「ダイ・ハード4.0」をようやく→「朧の森」 »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/137035/7450474

この記事へのトラックバック一覧です: 試写会讃歌(20)-HERO 完成披露試写会:

« 東京ディズニーランド、やっぱり最高♪ | トップページ | 「ダイ・ハード4.0」をようやく→「朧の森」 »