« ハード&ハッピーな1週間。 | トップページ | 試写会讃歌(31)-アメリカン・ギャングスター »

「ウーマン・イン・ホワイト」観劇の巻

「ウーマン・イン・ホワイト」を観てきた。
といっても、もう1週間以上前の青山劇場。
とっくに東京公演は終わっちゃってたりする。
 
2階のA席だったけど、まぁ割と観やすかった。
なぜって、結構ガラガラで、前もその前もそのまた前も
人がいなかったから(苦笑)。
たぶん私の列がA席の一番前で、そこより前は
S席だったんだと思う。くっきりそこで人がいる列と
いない列が分かれてたからね。。
 
アンドリュー・ロイド=ウェバーの最新作で、
ミステリーミュージカルと銘打ってるこの作品。
でも、ストーリー的にはそんなにすごいものではなくて、
一幕目は少々眠気が。。世界にすぐには入り込めなかったかも。
ただ、驚いたのは、主役、姉のマリアンを演じた
笹本玲奈さんのこと。
今まで観た別の作品でイメージしてた彼女の声とは
なんだか全然違ってて、いつもよりもっと年齢が上の声。
だから、マリアン=笹本玲奈、っていうことが
最初よくわからなかった。
「あれ?」
いつものかわいらしい印象とはガラリと違って、
気丈に振舞う彼女の様子がよく出てたと思う。
もともとはそんなに好きな女優さんだった訳
じゃなかったけど、もしかしたら彼女は
逆にこういう役の方が合っているのかもしれない、
そんな風に思った。
 
ハートライト役の別所哲也さんや、グライド卿役の石川禅さんは
ミュージカルの場数を踏んでるだけあって、
さすがによく声が通る。
妹のローラ役の神田沙也加さんは大丈夫なのかな、
と実は少々心配だったんだけど、
思ったよりちゃんとしてた。
 
妹のローラと白いドレスの女・アン・キャサリック(山本カナコ)
の関係は観てると予想できちゃうし、
結末もなんとなくわかるから、
ミステリー要素はそう強くないかもしれないけど、
笹本玲奈さんの熱演を見れただけでも
よかったかな。
 

|

« ハード&ハッピーな1週間。 | トップページ | 試写会讃歌(31)-アメリカン・ギャングスター »

「演劇」カテゴリの記事

コメント

笹本玲奈さんはM.Aのマルグリットからどんどん巧くなった気がします。
M.A後の笹本玲奈さん演じるエポニーヌは、本当に素晴らしかったです!
私も神田沙也加さん、ミュージカルだし大丈夫かな??と思っていました^^;
ウーマン・イン~楽しみです。

M.Aはなんだかんだ言いつつ(笑)今までで一番たくさん見に行った舞台でした。
新妻さんと笹本さんの成長が楽しかった舞台でした。内容は暗すぎですが。
山口さんの新曲が増えたCDを出して欲しいです。

投稿: えいる | 2007年12月 9日 (日) 22時49分

笹本玲奈さんは、「M.A」で何かをつかんだんですかね~
あの舞台、私は一度しか観に行かなかったんです。。
なんか、内容と演出が微妙で。。(笑)。
最初の方に行っただけだから、またいろいろ
変わったかもしれないんですけど。
 
そんな中でも新妻さんがよかったのを覚えてます!
(当時は新妻さんの方が好きだったので、
 彼女の方の回に行ったのでした。)

投稿: ゆんた☆→えいるさま | 2007年12月11日 (火) 20時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/137035/9324975

この記事へのトラックバック一覧です: 「ウーマン・イン・ホワイト」観劇の巻:

« ハード&ハッピーな1週間。 | トップページ | 試写会讃歌(31)-アメリカン・ギャングスター »