« 「IZO」東京公演☆千秋楽 | トップページ | 試写会劇場(2、3)-L change the WorLd ×2 »

「ファントム」で見とれる

『ふわわぁぁ。か、かっこいいです。。。』
 
観終わった後の私はこんな感じ。
ようやく、大好きな大沢たかおさんが主演している
ミュージカル「ファントム」を観に青山劇場へ
行ってきた。
 
「1階席、うらやましいなぁ」
自分の目の前に、うぅん、目の下に広がる、
柵ごしからの、2階席からの眺め。
決して、観にくい席だった訳じゃない。
前に邪魔する人もなく、普通なら、まあまあの席。
だけど、今回の舞台は出演者が1階席のそこかしこに
出没し、会場がオペラ座に見立てられてたからね。
「いいなぁ」
 
完全に大沢たかおさん目当てで観に行った
このミュージカル。
といっても、題材にも興味があったんだよ、もちろん。
劇団四季や、映画で見た「オペラ座の怪人」。
結構好きだった作品だったから。
なので、あれとはまた違った、人間としての
「ファントム」が描かれるってことで、その辺
とっても気になった訳で。
 
大沢たかおファンとはいえ、彼とミュージカルは
すぐには結びつかなかったから、
いったいどんなお姿を見せてくれるのか、
大きな期待と、ちょっとの心配をしつつ、
開演を待つ。
最初、声の印象が違ってて、びっくり。
あれって、やっぱりファントムだから?
仮面もつけて、顔を隠してるから、オペラグラスで
じぃ~っと見つめ、無事、彼であることを確認(笑)。
 
歌だけじゃなくて、アクションもありありで、
「お、おぉぉっ!!」
思わず、身を乗り出す私。
天井からすっと降りてきたロープづたいに
颯爽と登場。
さらに、また別のシーンでは、ジャニーズ、
いや、ドラリオンも真っ青の、ロープ1本に捕まって、
ファントムは客席に飛び出し、宙吊りに。
そして、そのまま、しばらくそこで、ある切なくて
悲しいシーンが繰り広げられていく。。
 
ファントムと呼ばれ、オペラ座の地下深くでしか
暮らすことが出来なかったエリックと、
父であることを名乗れずにいた、父。
名乗ってはもらえなくても、それと気づいていた息子。
2人のやり取りに、思わず、うるる。
周りではすすり泣く声が響く。。
確かにそこにいるのは怪人じゃなくて、人間だった。
心の奥底ではぎゅっと繋がっていた父と息子だった。
 
大沢ファントムにまた会いたいけれど、
それも叶わないから・・・、悲しいな。
 
カーテンコールの時の彼も、またまた素敵。
マントをひるがえして、舞台中央奥にと
消えていくお姿は本当にかっこよかったよ~
今後、舞台はいつやってくれるのかな。
数年先だよね、きっと。。。
あぅ、待ち遠しいよ~~(観終わったばっかりなのにね・笑)
 
はっ、他の出演者の感想がほとんとない(苦笑)。
ハッハッハ。
 
クリスティーヌ役の人は、高音にちょっと
伸びがない、というか、キツそうだったかな。
 

|

« 「IZO」東京公演☆千秋楽 | トップページ | 試写会劇場(2、3)-L change the WorLd ×2 »

「演劇」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、今日はブログの方へお邪魔してみました!!
「ファントム」の感想、同感です。とにかく素敵でした。
そうそう、声の印象違いましたね~~。話している声も好きだけど、歌声も好きかも!!!って言うか、全部好き。
「ファントム」を観て今まで以上に「大沢たかおファン」になってしまった・・・・
早く次の舞台やって欲しいな~~~

投稿: WAO | 2008年2月19日 (火) 20時07分

コメントありがとうございま~す!
ホント素敵でしたよね☆
私も今まで以上に、いっぱいいっぱい
大好きになっちゃいましたー
早く次の舞台、観れるといいな♪
それまではスクリーン上の彼を
堪能しましょうね~~

投稿: ゆんた☆→WAOさま | 2008年2月20日 (水) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/137035/10604164

この記事へのトラックバック一覧です: 「ファントム」で見とれる:

« 「IZO」東京公演☆千秋楽 | トップページ | 試写会劇場(2、3)-L change the WorLd ×2 »