« 私のフィギュアスケート好きの原点は? | トップページ | 「K-20 怪人二十面相・伝」完成披露試写会で笑う。 »

「RENT」を観劇

シアタークリエで上演中の「RENT」を観てきました。もともとこの演目が発表された時は特にチケ取りをする予定はなかったんだけど、気が変わる出来事があって、思わずチケットを取ってしまったんですよねぇ。

気が変わった出来事というのは、今年の夏の劇団☆新感線の公演「五右衛門ロック」を観たことでありますshine

この「五右衛門ロック」という舞台は、とにかく、出演者のいいところを全部出しちゃえ的な演出(客演の方々は特にかっこよく見せてもらえる演出だったと思うlovely)で、本当にみんながみんな役にぴったりはまって、気持ちのいい舞台だったの~ あぁ、楽しかったなnote

中でも、カルマ王子役を演じた、森山未来くんは、超diamondかっこよかった訳で。以前にも何回か見たことあったけど、ここまで凄かったんだ、って、びっくりhappy02

そんなことがあったので、うむむ。。と考えつつも、一度芽生えた願望を抑えられず、今日のこの日を迎えたのでした(^-^;

そして、「RENT」の感想を簡単にいうと、未来くんは主役のマークを演じてるんですが、ポジション的に主役なんだけど、主役じゃないような、少し引いた役だったので、ある意味残念down つい、夏の時と比べてしまって、「彼はもっと凄いのに」とか思っちゃう自分がどうしても消えなかった。

代わりに、ロジャー役の、K (ダブルキャストあり)がもともと歌手ということもあって、思ってたよりも上手くて、役的にも目立ってたかもしれないですshine 

あとはね、トム・コリンズ役の、米倉利紀さんの声が私は結構好きかもhappy01 この方も歌手(シンガーソングライター?)だったような気がするんだけど、やっぱり上手いよね。このお芝居はホントに歌オンリーで進んでいくので、声量だけじゃない、抑えた歌の上手さとか、抑えた感情の響きとかも大事になってくると思うんですよね。

そういった意味で、女性陣が私的にはイマイチでしたdown 声量はあるんだけど、ただ大声出してるっていうか、張り上げてるだけっていうか。。 特に、ミミ役(ダブルキャストあり)の方がうまくなかったんで、例えば、せっかく、マーク、ロジャー、コリンズでいい感じの雰囲気を作っていても、この方が入ってくると、壊れちゃうっていうか。。 ま、あくまで私の中の雰囲気が、ってことなんですが。。 女性陣の中で一番受け入れられないミミが一番出番が多いという、なんとも私にとって皮肉な状況でしたbearing

そんな女性陣の代わりに、といいますか、エンジェル役の辛源さん(ダブルキャストあり)がね、かわいらしかった。といっても、ゲイの役なんですが。。そう、ドラッグクィーンです、ハイ。

ニューヨークの古いロフトで暮らす、RENT(家賃)も払えずにいる若者たち。貧しくても夢を追い続けることの難しさ、HIV感染という問題、悩み苦しんだ先にあるものを描いています。

舞台全体でいうと、私は、正直そんなに好きな舞台ではなかったんだけど、付け加えるなら、最後スタンディングしてた人がいっぱいいましたよ。

 

|

« 私のフィギュアスケート好きの原点は? | トップページ | 「K-20 怪人二十面相・伝」完成披露試写会で笑う。 »

「演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/137035/25628305

この記事へのトラックバック一覧です: 「RENT」を観劇:

« 私のフィギュアスケート好きの原点は? | トップページ | 「K-20 怪人二十面相・伝」完成披露試写会で笑う。 »