« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

瞬殺。

今日は、Bunkamura20周年記念企画「桜姫」チケットの一般発売日。
 
ごぉぉーーーーんΣ( ̄ロ ̄lll)
 
予想してはいたけど、取れなかったdown
 

この公演、友人が行きたがってたので、チケ取りに参戦することにしたんだけど、その友人が仕事の都合上、土日しか予定が読めないってことで。。
プレリザーブはハズレまくり、今日もすぐにつながったけど、すでに土日は売切れ。
平日公演なら、夜公演でも残ってたけどね。

私一人でも行っちゃおうかとも思ったけど、yenもないし、秋山菜津子さんは見たいけど、まぁいいかって、やめちゃった。
菜津子さんは、シス・カンパニー公演「怪談 牡丹燈籠」にも出演するので、そっちで頑張ろう。
 
中村勘三郎さん人気恐るべし。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京・丸の内フラワーウィークス2009

丸の内Flower weeks(フラワーウィークス) 2009」に行ってきた。
 
まずは、丸ビルへ。あしかがフラワーパークからやって来た藤の花がお出迎え。
 Img_0003 
Img_0009  

 

 

 

 

 
 
 

Img_0011_2

Img_0014

 

 

 

 

 
   

この藤のガーデン横では、毎日先着150名に、サフィニアの苗をプレゼントしてくれるというので、配布開始10分くらい前かな、その列に並んでみた。無事、赤いサフィニアをGETsign01
 
 
そしてそして、1階マルキューブで展示されているお花いろいろをcamerashine
 
日本の美と、鳥かごを思わせる球体。説明文を見てくるのを忘れてしまったけど、振袖をイメージしたものなのかも。
 
Img_0019_2Img_0018  

 

 

 

 

 

 
 
バラで出来てます。すごいよねぇ。

2009042216352220090422163535 

 

 

 

 

 

 
 
ひまわりと、お花のウェディングドレス。
 
2009042216344720090422163855  

 

 

 

 

 

 
 
お花の郵便ポストと、花柄の車。
 
Img_0021Img_0022  

 

 

 

 

 

 
 
 
新丸ビルへ移動して、ランチnote 「MUS MUS(ムスムス)」というお店(7階)にGOdash
 
角煮せいろご飯(yen950)に、蒸野菜(yen300)をつけて、こんな感じ。(ちょっとボケてるけど。)
お腹いっぱい。ボリュームあるよ。蒸した野菜って、ホントおいしいよねcatface お塩をつけてパクリ。かぶとか、ダイコンとか、玉ねぎとか。
ただ、席は落ち着かないかも。あと、テーブルと椅子の高さが合ってないのが、なんとも言えず。。その辺がもっと解消されたらいいのにな。
 
Img_0025

 

 

 

 

 
 
3階アトリウムでは、5人の薔薇職人展。変わったバラも展示してあったよ。
 
 
 
行幸地下ギャラリーでは、「ジャパンフラワーフェスティバル」が開催されていて、いろんな花々が展示されてる。特別目を引くものはなかったけど、一応ね。
 
Img_0037Img_0038  

 

 

 

 

 

 
Img_0036Img_0039  

 

 

 

 
 
Img_0040  
 

 

 

 

 

 
明日までやっているらしいので、お近くに行った際は、立ち寄ってみてもいいかもね。通りもこんな感じで、お花が飾られてるよhappy01
 
20090422163252_2

 

  

 

 

 

 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

草彅くんの会見。

今、SMAP草彅くん(くさなぎつよし)の謝罪会見を見た。なんか見ていて、涙が出そうになってしまった。やつれた感じで、そして痛々しくて。。
そんな彼に対するフラッシュの嵐。あんなに浴びせまくらなくてもいいのに、と思う程で、逆にマスコミの方が悪く見えたよ。
 
きっと彼もすごく反省していると思う。すぐに謝罪会見を開いたこともそうだし、彼の謝罪の言葉を聞いていて、それが伝わってきた。だから、本当に頑張って欲しい、反省して早く戻ってきて欲しい、そう思えた。
なぜだかよくわからないけど、戻ってきたら今まで以上に応援したいような気持ちになった。
これって、たぶん彼の人柄なんだろうね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いろいろびっくり。

SMAPの草彅くん(くさなぎつよし)逮捕のニュース、本当にびっくりです。何でそんなことしちゃったのか。。。
情報がいろいろ錯綜していて謎な部分もあるけど、お酒は怖いなぁ、ということです。
酒癖が悪いという話はちらほらと聞こえてきてたし、「ぷっすま」の中でも、その片鱗を見せてたよね。
それにしても、何で家宅捜索までされたのかが疑問。。だって、薬物反応出なかったんでしょsign02
 
とにかくしっかり反省して、また戻って来て下さい。
「ぶっすま」、結構好きな番組だったので、見れなくなるのは残念。戻ってきたら、また番組復活して欲しいな。
 

さて、話は変わります。
今日はこの草彅くんのニュースだらけですが、そんな中、ひょっこり目にしたのが、連続ドラマ「ライアーゲーム」の続編、「ライアーゲーム~シーズン2~」の放送と映画化が決定sign01という記事。
何気に結構おもしろかったんですよね、このドラマ。最初は見てなかったんだけど、なんかの拍子に見始めたらハマり、最後まで見ちゃった。

松田翔太さんの天才詐欺師役も、戸田恵梨香さんのおひとよしっぷりも、どちらもよかったですwink
いつ放送されるのかなぁ。早く見たいですsign03
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秩父路花巡り。

先週末(18日)、秩父へ行ってきた。第一の目的は見ごろになったと噂の「羊山公園の芝桜」。
実際どうだったかというと、こんな感じ。
そう、まだちょっと満開には早かった。あと数日くらいすると、もっときれいなんだろうなぁ。
きれいに咲いてるところと、まだまだのところが見えるでしょ。
 
 
Img_0128_2Img_0127_2
 

 

 

 

Img_0112Img_0121  
 

 

 

 

 

 

 
Img_0116Img_0122 
 

 

 

 

 

 
 

Img_0120  

 

 

 

 

 
続いて、ツツジの名所、瑞岩寺へ。もう散ってしまった種類もあるのが、残念。4,5日くらい早いと満開だったらしい。
山頂までの道のりが結構足にくる(笑)。時間的には10分もかからないくらいなんだけど、ものすごい急&足場が悪い。でも、登った後は気持ちよかった。
 
Img_0132Img_0130  
 

 

 

 

 

Img_0135Img_0138 

 

 

 

 

 

 

 
Img_0134Img_0144_2  

 

 

 

 

 

 
 
そしてそして、今度は「水芭蕉園」へ。 「武州日野駅」または、「道の駅あらかわ」から10分くらい歩いたところにある。
途中見かけた「しだれ桜」。まだ咲いてるんだね。
 
Img_0145  

 

 

 

 

 
そして、水芭蕉園。ちょっと咲き過ぎなところもあったかな。
 
Img_0150Img_0148  

 

 

 

 

 

 
 
自然いっぱいのところに行くと、やっぱり和むねぇ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「GOEMON」試写会。

「GOEMON」の試写会に行ってきた。江口洋介さんが五右衛門役で、さらに大沢たかおさんも出演してるというので応募したら、当選。その後、応募した分は全部当たったんじゃないかsign02って思うくらいの試写状が郵便受けに届き、「人気ないのsign02」と思うことになるのだけれど。

20090418204822  

 

 

 

 

 

   

shineshineshine

監督:紀里谷和明

出演:江口洋介、大沢たかお、広末涼子、ゴリ、中村橋之助、寺島進、平幹二朗、
    伊武雅刀、奥田瑛二、要潤、玉山鉄二、チェ・ホンマン

    佐藤江梨子、戸田恵梨香、鶴田真由、りょう、佐田真由美、
        福田麻由子、田辺季正、佐藤健 他 

shineshineshine

  
見る前にちょっと不安だったのは、紀里谷監督作だってこと。映画館でのmovie予告編を見る限り、その不安は増大。映像が、まるでゲームの画面みたい。前作『CASSHERN』での評判が散々だったように、今回もその二の舞になるのでは。。ってね。

私自身は、紀里谷監督作品を見るのは初めてだったけれど、思った通りだった。キャストは本当に豪華で、江口洋介さんの石川五右衛門はとってもかっこいい。そして、彼と、大沢たかおさん演じる、霧隠才蔵との関係は、描きようによっては泣けるに違いないお話。
 

なのに、泣けない。

 

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、石田三成、服部半蔵、茶々、千利休。。聞いたことのある登場人物が並ぶ。
だけど、時代考証はメチャクチャ。でもそのこと自体は別にそれでもいい。

日本の戦国時代ではない感じだけど、ストーリー自体はおもしろいと思う。というか、おもしろく出来そうなストーリーだなって思う。
「織田信長を暗殺したのは、実は。。。」みたいな、新しい捉え方とか。

つまりは、脚本がいけないんじゃないかと。あと、毒々しい映像ね。役者たちの熱演・魅力が半減。

紀里谷監督は、映画監督にはあんまり向いてないよ、たぶん。
CGを詰め込みすぎてて、言い換えれば、CGの技術をひけらかしてるよう。
 
「俺はこんなに出来るんだぞsign01 CGを足して足して足しまくれsign04
 
そんな感じ。 

自己満足の世界にみえる。
『マイナスの美学』ってのもあると思うのに。

キャストはcrown豪華shine
「えっsign02 こんな死なせ方させちゃうの?」とびっくりするところもある。

他の監督で撮り直してもらいたいなぁ(苦笑)。役者は主役も脇役もこのままのメンバーで、監督だけ交代で。そしたら、きっと、おもしろくなるよ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「鴨川ホルモー」完成披露試写会

鴨川ホルモー」の完成披露試写会に行ってきた。場所は丸の内ピカデリー2。普通の映画館での試写会だったので、舞台挨拶を行う出演者たちの顔がくっきりはっきり見える距離感。(映画の見やすさを考えて、割と後ろめの席にしたんだけどね)

「鴨川ホルモー会」入会の、新歓コンパ風という形でイベントは進行。映画の本編にも出てくるレナウン踊りの披露があり(赤ふん一丁で、盛り上げようとしたらしいけど、会場の空気は若干引き気味、微妙な空気)、その後、出演者たちが舞台上に登場。

登壇者は、本木克英監督、山田孝之さん、濱田岳さん、栗山千明さん、石田卓也さん、荒川良々さん、斉藤祥太さん、斉藤慶太さん。

山田さんは以前にも一度、何かの映画の舞台挨拶を拝見したことあって、シャイなのかあまりしゃべらない印象というか、こういった挨拶が苦手そうなイメージ。今回も口数は少なかったけど、主演だしね。ただ、あのヘアスタイルはどうなのかなぁ。。もうちょっとすっきりさせた方がいいのに、と思う。

濱田さんがなんだかかわいらしかった(笑)。客席からも「かわいいup」の声がかかった程。あの特徴のある声が癒しを呼んでくるね。本編の中では、一番すごいことになっちゃう役。以下のチラシの写真からわかるようにね。

20090412140153  
 

 

 

 

 

良々は、そこにいるだけで、笑いを誘ってくる、映像の中そのままの人だった。不思議な人だよねぇ。

 

さてさて、肝心の本編の感想shine

沖縄の映画祭のコメディ部門かなにかで、グランプリcrownを取ったというので、どれ程、笑っちゃうのかと、ある意味ドキドキしながら、movie本編を見た私。

で、どうだったかというと、うーん。。。
もちろん、クスクス笑うことはあったけれど、大爆笑って程じゃなく、個人的にはイマイチdownだったかなぁ。
会場内も爆笑って感じじゃなくて、笑いが少し起きる程度だったよ。

とはいえ、陰陽師の世界が散りばめられてて、出てくる式神くんたちがかわいかったけど。式神を動かすための「オニ語」は意味不明の世界。ゲロンチョリー(意味は"潰せ")でダメージを受けた式神が、レーズンで復活するってのは、おもしろいね。

 

会場で配られたチラシ。表面(上)の右列イラストは栗山千明画伯、左列イラストは濱田岳画伯。裏面イラストは山田孝之画伯のもの。

20090412135821

20090412135947  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

そろそろ観劇予定を入れないと。

ちょっといろいろあって(って、単にyenの問題ですがcoldsweats01)、観劇予定を入れるのを控えていた私。舞台のチケットって、結構早い時期に動くのに、すっかりGET済のチケットがなくなってしまった。

うぅっっ、やっぱり、そんなの我慢できないsign01
ってことで、そろそろ動き出そうかと。ちょうど、先日、「蜉蝣峠」を見に行ったおかげで、チラシがいっぱい。今後の舞台情報がいっぱい。

heart01劇団☆新感線「蛮幽鬼」 ← 絶対、行くsign01 チケ取りもまだ先だけど。『堺雅人さんと新感線』、いやぁ、楽しみですねnote

heart01桜姫」 ← 6月の現代劇の方。中村勘三郎ファンの友人の希望だけど、私の好きな秋山菜津子さんや古田新太さんが出るから、ご一緒するわsign04チケット取れればね。
だけど、7月のコクーン歌舞伎Ver.の方はパス。私、歌舞伎はちょい苦手。

heart01シス・カンパニー「怪談 牡丹燈籠」 ← いのうえひでのりさん演出で、これにも秋山菜津子さん出るんだよねhappy01 あと、瑛太くんも。結構好きな役者さんだし、舞台だとどう演じてくれるのか興味津々。8月公演だし、怪談見るのもいいねぇ。

この3つはチケット取りに参戦することにしてたけど、つい最近、ここにまた新たに飛び込んできた演目がsign01

それはね、敬愛してやまない(笑)、「なるしー」こと、池田成志さんの舞台情報shine

heart01パルコ・プロデュース「印獣」 ← あの伝説の「ねずみの三銃士」の第2回公演sign01 
「鈍獣」ずっと見たいと思ってたんだよねぇ。そんな話題のユニットの次の公演を見るチャンスがやって来るなんて・・・、やっぱり見たいsign01
なるしー(池田成志)&古田新太&生瀬勝久。名前を見ただけで、おもしろそうnote
個性的なメンバーに加えて、脚本はクドカン(宮藤官九郎)。そして、大女優役で、三田佳子さんが加わるらしい。岡田義徳さんはどんな役なのかな。

どんどん増えていくに違いない、気になる舞台情報。
アッキー(中川晃教)の「女信長」は、アッキー以外のキャストが微妙なのと、アッキーの歌声が聴けなさそうなのとで、今回は断念。久しく観てない彼の舞台。ちょっと禁断症状出そう。「SHIROH」のDVDを観返そうかなnotes

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「コルテオ」の世界へ。

先週、「コルテオ」を観に、原宿・新ビッグトップへ行ってきた。先週といえば、そう、お花見真っ盛り。近くの代々木公園への花見客がいっぱいで、原宿駅は満杯、一歩も進めないぐらいの状況。人混みに少々嫌気がさしつつも、それを振り払い、いざ夢の会場へ。

Dscn05732_2

20090404120808  

 

 

 

 

 

2009040412020220090404140327  

  

 

 

 

 

 

演目表はボケボケしててあんまりよく見えないけど、まぁ撮影できるところはこんな感じ。客席内こそ、ヨーロッパ調で雰囲気があったから、撮りたかったsign01
撮影禁止で残念。まぁ、仕方ないけど。

天使が描かれた、うっすらと透けた幕。ステージを取り囲むように客席があるので、ステージを挟んで、自分の目の前には客席があることになる訳で、向こう側の様子も見える。
だけど、不思議なことにあんまりそれが気にならない造り。仮設だから椅子はちょっと微妙。

今までのシルク・ドゥ・ソレイユの公演と比べてどうだったのかはわからないけど、今回の「コルテオ」で披露されているのは、派手な演目ばかりじゃなかったかな。
ストーリー性を持ちつつ、同じ人間とは思えないアクロバットな演目とコミカルな演目によって構成されていて、ただのサーカスという感じではなく、思ってた以上に世界に入り込めたかも。

席が前の方だったので、自分の方に飛び込んでくるんじゃないかと思う程の迫力と、きれいに割れた腹筋と、時々失敗して、あっ、彼らもやっぱり人間なんだ、と思える瞬間と、いろんなものを一緒に体感できて、おもしろかった。

後ろの方が見やすいかも、と思える部分もあるので、いろんな座席で見てみるといいんだろうなぁ、と思う。(私は1度しか行かないけど)

出演者の中に、日本人で頑張っている方が1人いて、なんだか思わず応援しちゃう自分がいたり。
バルーンで客席上をふわふわやって来る演目では、自分の頭上に来てくれないかなぁと願ったけど、叶わず(頭上に来たら、足をくぃっと押して、再び浮かせてあげるのだ)。

空中ブランコや、綱渡り、まるでハイパーなオリンピック競技を見ているかのような、鉄棒の交差。

これを1日2公演とかする出演者に脱帽。そして、思わず、自分の体をみて、ため息。
少しは鍛えないとなぁ、とその瞬間は思ったのだった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

劇団☆新感線「蜉蝣峠」見てきたー

先日、劇団☆新感線の「蜉蝣峠」を見てきましたnote 場所は赤坂ACTシアター。夜公演だったので、その前に「新宿御苑」でお花見を少しだけしてから、ご機嫌な状態で会場へ。(新宿御苑の記事はこちら

会場前で1枚。

20090328174627  

 

 

 

 

 

 

shineshineshine   

作:宮藤官九郎

演出:いのうえひでのり

出演者:古田新太、堤 真一、高岡早紀、勝地 涼、木村 了、梶原 善、粟根まこと、高田聖子、橋本じゅん 他

東京公演:赤坂ACTシアター 2009年3月13日(金)~4月12日(日)

大阪公演:梅田芸術劇場メインホール 2009年4月21日(火)~5月7日(木)

shineshineshine

 

会場で、パンフレットと、「五右衛門ロック」のゲキシネチケットを購入。

20090405123924

 

 

 

 

 

 

 

新感線のお芝居が好きな私としては、待ってましたーという感じ。ただ、今回は脚本が中島かずきさんじゃなくて、宮藤官九郎さんなんで、ちょっと心配。おもしろい場合とおもしろくない場合と、結構極端なイメージなので。私が見た新感線の舞台の中では、「メタルマクベス」があんまり好みじゃなかった方なんだよね(あくまでも比べると、なんだけどgawk

ちょっとした心配はありつつも、楽しみなことには間違いない訳です、ハイ。

さて、今回の舞台は、第一幕と第二幕で、がらっと印象が変わる感じでした。最初のうちは、クドカンお得意のお笑い満載で、場面もあっちにいったり、こっちにいったりで、まとまってないような印象を感じながらも笑ってばかり。軍鶏(シャモ)がねぇ(笑)、そうですか、彼、軍鶏やっちゃいましたか。。。んー、でもかわいかったですsign01(笑)

古田さんやじゅんさんの歌karaokeの場面、笑っちゃったよ(≧∇≦)

後半になると一転、どんどん悲しく、暗くなっていきます。前半で何気なく描かれていた一場面が実は重要だったり、ということが判明したり、すべてのことが転がり落ちるように展開していきます。

かずきさんの物語が最後に救いがあって、上昇upな感じで終わることが多いのに対し、今回は気がつけば落ちるところまで落ちていて、救いがないような感じでした。ま、いろんなタイプのお話があった方がいいともいえるし。

おもしろかったけどね。

秋の興行の方がもっと楽しみかなぁ。Inouekabuki-Shochiku-mix『蛮幽鬼(ばんゆうき)』。それにしても、堺雅人さんは大活躍ですね。映画の出演もどんどん発表されてるし。いろいろ楽しみだわheart04

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「新宿御苑」。

今週末はまさにお花見日和で、かなりの人数があちこちの桜スポットに集まったようですね。昨日は「コルテオ」を見に行ったので、その前にちらっと、代々木公園をのぞいて来たけど、宴会客でとんでもない状況。原宿駅前は人人人で動けない事態だし。

人混みにダウンさせられ、桜を見るというような環境ではなかったし、思ったよりは桜のキレイさを感じられなくて、ちょっと残念。

ということで、1週間前に見にいった「新宿御苑」の時の写真を載せてみます。ソメイヨシノの満開にはまだ日が早かったのですが、写真cameraを撮りに来たり、のんびりしに来たりしている人が結構いました。

ここはソメイヨシノ以外の桜cherryblossomや、他の花々が咲いている庭園なので、のどかに過ごせたかな。もうちょっと人が少なかったらよかったけど、昨日はここも入場制限が出るくらいいっぱい来たらしいから、1週間前に行ってある意味よかったのかも。

 

一番上は、ヨウコウ。下のもソメイヨシノではなかったと思うけど、コントラストがおもしろかったので、1枚。

Dscn0464_2

Dscn0484  

 

 

 

 

 

Dscn0501

Dscn0491  

 

 

 

 

 

左上は庭園の池と雲がキレイだったので、1枚。右上はドコモビル、逆光Ver.

Dscn0480

Dscn0470_2

 

 

 

 

 

 

 

Dscn0509

Dscn0511  

 

 

 

 

 

どちらも、しだれ桜。

Dscn0496

Dscn0498  

 

 

 

 

 

フランス式庭園「プラタナスの並木」

Dscn0504_2Dscn0507  

 

 

 

 

 

 

 

ボケ(上)とハナモモ(中・下)

Dscn0477

Dscn0488 

 

 

 

 

  

Dscn0489  

 

 

 

 

 

 

ゲンカイツツジも咲いてます。

Dscn0519_2  

 

 

 

 

 

 

 

気持ちよく散策&お花見が出来て、よかったです。ただ御苑は閉まるのが早いので、そこが注意点ですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「品川花月」プレビュー公演。

4月25日、品川プリンスホテル・アネックスタワーにオープンする『よしもとプリンスシアター』「品川花月」が4/25~7/31まで開催。

20090404190255_220090404190318_2  

 

 

 

 

そのプレビュー公演のチケットが当選したので、昨日さっそく、行ってきたnote そう言えば、お笑いライブを見るのは初めて。TVで見るのとはまた違ったおもしろさを期待しつつ、円形状の会場へ。

会場自体はあまり大きくない。一番外側のソファー席を除いて、他の席はただ椅子が置いてある感じで、まぁ、シアターというか、ちょっと即席っぽいsign02かな。でもキレイshine

出演者は、

flairライセンス

flairザ・パンチ(当初予定は、ハリセンボン)

flairものいい(当初予定は、ジョイマン)

flair宮川花子

flairハリガネロック

flairペナルティ

flair博多華丸・大吉

flairトータルテンボス

やっぱり、生で見ると違うねぇ。テレビではあんまり笑えない印象のあるコンビも、結構笑えてしまうから不思議。その場の空気とかなのかな。

ハリガネロック以外は、知っているコンビ。宮川花子のネタが、大助の病気ネタだったので、あんまり笑えなかったけど、それ以外はなかなかおもしろかった。

中でも、トップバッターのライセンスと、ラストのトータルテンボスがおもしろかったなwink

ジョイマンの代わりに出演した、ものいい。例のセリフ「違うか~」で押しまくるのかと思ったら、そうでもない。2回くらいはさらっと言ってたけど、それだけじゃなくて、なかなかおもしろかった。もしかしたら、ジョイマンじゃなくて、よかったのかも。

でも、ハリセンボンが見れなかったのはちょっと残念downだった。

そして、ペナルティのワッキーがキモかった(笑)。ホーンテッドマンションの顔が伸びるのとか、カリブの海賊の海賊っぷりは、そっくりだった・・・けど、キモすぎるよぉぉ~

4月に出演予定のメンバーの中では、個人的にはタカアンドトシが見てみたいlovely だけど、平日昼間だから、見にいけないや。今後の出演メンバー次第で、見に行くかも。スケジュール発表を待ってみよーっと。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »