« 「鴨川ホルモー」完成披露試写会 | トップページ | 秩父路花巡り。 »

「GOEMON」試写会。

「GOEMON」の試写会に行ってきた。江口洋介さんが五右衛門役で、さらに大沢たかおさんも出演してるというので応募したら、当選。その後、応募した分は全部当たったんじゃないかsign02って思うくらいの試写状が郵便受けに届き、「人気ないのsign02」と思うことになるのだけれど。

20090418204822  

 

 

 

 

 

   

shineshineshine

監督:紀里谷和明

出演:江口洋介、大沢たかお、広末涼子、ゴリ、中村橋之助、寺島進、平幹二朗、
    伊武雅刀、奥田瑛二、要潤、玉山鉄二、チェ・ホンマン

    佐藤江梨子、戸田恵梨香、鶴田真由、りょう、佐田真由美、
        福田麻由子、田辺季正、佐藤健 他 

shineshineshine

  
見る前にちょっと不安だったのは、紀里谷監督作だってこと。映画館でのmovie予告編を見る限り、その不安は増大。映像が、まるでゲームの画面みたい。前作『CASSHERN』での評判が散々だったように、今回もその二の舞になるのでは。。ってね。

私自身は、紀里谷監督作品を見るのは初めてだったけれど、思った通りだった。キャストは本当に豪華で、江口洋介さんの石川五右衛門はとってもかっこいい。そして、彼と、大沢たかおさん演じる、霧隠才蔵との関係は、描きようによっては泣けるに違いないお話。
 

なのに、泣けない。

 

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、石田三成、服部半蔵、茶々、千利休。。聞いたことのある登場人物が並ぶ。
だけど、時代考証はメチャクチャ。でもそのこと自体は別にそれでもいい。

日本の戦国時代ではない感じだけど、ストーリー自体はおもしろいと思う。というか、おもしろく出来そうなストーリーだなって思う。
「織田信長を暗殺したのは、実は。。。」みたいな、新しい捉え方とか。

つまりは、脚本がいけないんじゃないかと。あと、毒々しい映像ね。役者たちの熱演・魅力が半減。

紀里谷監督は、映画監督にはあんまり向いてないよ、たぶん。
CGを詰め込みすぎてて、言い換えれば、CGの技術をひけらかしてるよう。
 
「俺はこんなに出来るんだぞsign01 CGを足して足して足しまくれsign04
 
そんな感じ。 

自己満足の世界にみえる。
『マイナスの美学』ってのもあると思うのに。

キャストはcrown豪華shine
「えっsign02 こんな死なせ方させちゃうの?」とびっくりするところもある。

他の監督で撮り直してもらいたいなぁ(苦笑)。役者は主役も脇役もこのままのメンバーで、監督だけ交代で。そしたら、きっと、おもしろくなるよ。

 

|

« 「鴨川ホルモー」完成披露試写会 | トップページ | 秩父路花巡り。 »

大沢たかおさん」カテゴリの記事

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/137035/29177538

この記事へのトラックバック一覧です: 「GOEMON」試写会。:

« 「鴨川ホルモー」完成披露試写会 | トップページ | 秩父路花巡り。 »