« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

「JIN-仁-」。

10月からTBS系で始まる連続ドラマの情報をふと目にしました。
 
『主演:大沢たかお』 → むむっ。ひさしぶりだー 観ないとnote

『日曜劇場』 → どんなお話sign02
 
『脳外科医役』 → 医療ドラマsign02

『幕末江戸にタイムスリップ』 → ???
 
 
その名は、『JIN-仁-』

現在、連載中の漫画が原作のようです。「超歴史スペクタクル&SFヒューマン」、そんな風にTBSのHPで紹介されてました。以下、HP参照しました。

タイムスリップした脳外科医・南方仁が、満足な医療器具も薬もない中、幕末の人々の命を救っていき、その医術を通して坂本龍馬・勝海舟・緒方洪庵など、幕末の英雄たちと交流を深め、いつしか自らも幕末の歴史の渦の中に巻き込まれていく

 
大沢たかお・・現在からタイムスリップしてしまった脳外科医・南方仁
 
中谷美紀・・仁の現代の恋人・友永未来/江戸・吉原の最上級位の花魁・野風(2役)
 
綾瀬はるか・・幕末江戸で仁の世話をし、公私共に支えになる・橘咲
 
小出恵介・・橘咲の兄で仁がタイムスリップして一番最初に手術を行い助ける事になる・橘恭太郎

 
歴史上の人物も登場。
 

内野聖陽・・坂本龍馬
 
小日向文世・・勝海舟
 
武田鉄矢・・緒方洪庵
 

役柄はわかりませんが、その他の出演者でわかってるのは、
 
桐谷健太、田口浩正、戸田菜穂、佐藤二朗、六平直政、麻生祐未

 
大沢たかおさん主演ってことだけでも私にとっては、見る価値ありshineなドラマだけど、歴史物ってところがまたうれしいなheart04

このドラマ、見ますsign01

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ひさびさ、六本木ヒルズ。

いつぶりくらいだろう。結構ひさびさかもしれない、六本木ヒルズに行ってきました。
目的は映画2本まとめて見ること。
ヒルズ内の映画館の方へと歩いていく途中、とあるお店を発見。全然情報をチェックしてなかったから知らなかったけど、「花畑牧場カフェ」が期間限定で入ってるんだねぇ。
確か、7月の中旬から、9月の中旬くらいまでだったかな。
期間が2回に分かれていて、8月初旬に数日間やってない日あるみたい。
 
とりあえず、映画を1本みてから、アイス食べようnoteなんて思いつつ、まず1本目。
 
「ハリー・ポッターと謎のプリンス」
 
ここんところ、地上波で今までのを放送してたけど、結局どれも見なかったので、全く復習できてない状況。ちょっと忘れてたこともちらほらと。
 
長く感じた部分もあったけど、そこそこ楽しめました。最終章へ向けてって感じかな。それにしても、あっという間にみんな成長しちゃってねぇ。。
 
 
有機野菜のお店でランチをした後に、チェックしておいた「花畑牧場カフェ」dash
イートインスペースとともに、店内では生キャラメルなどの商品も買えるようになってて、数人並んでるくらいで買える感じでした。デパートの催事とかでは、開店前に並ばないと買えないイメージあったけど、今は普通に買えるんだね。私は未だに食べたことないけどcoldsweats01
 
とりあえず、こちらのアイスを食べました。
「ホットキャラメル・アイスクリーム」キャラメル宮崎マンゴー味。キャラメルより、マンゴーの味が強くて、私としてはうれしかったし、それなりにおいしかったけど、ちょっと値段が高すぎないsign02  yen480 もするんだよ~
 
20090726152351  




 






他に2種類あって、キャラメルと、キャラメルチョコレート。
友人はキャラメルチョコレートを食べてた。かなり甘かったそうです。

生キャラメルやプリンなど、売ってるものも見てみたけど、全体的に値段が高い。だから、特に何も買わず。アイスも初めてだったから食べたけど、また同じ値段払って食べたいかというと、微妙かなdown
 
 
その後、2本目の映画へ。
 
「アマルフィ 女神の報酬」
 
織田裕二さん演じる、外交官の黒田は、すごく出来た人ですね。カッコ良すぎるわ。
ストーリー的には、犯人もすぐわかっちゃうしで、ちょっと物足りないですが、アマルフィの景色はきれいです。ヘリで撮った上空からの映像が特に。
ローマの観光地もいろいろ映っていて、ちょっと懐かしかった。コロッセオとか、スペイン階段とか。卒業旅行でローマにも行ったんです、私。
 
なんて、違う観点から思わず見てしまいましたが、続編あるんですかねsign02
作ろうと思えば、いくらでも作れそうですが、その場合、お話の都合上、キャスト陣はほぼ一新されるでしょうけど。(続投はほんの数人でしょうねぇ。。)

それよりも、「踊る大捜査線」の続編が早く見たいですshine


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「奇ッ怪~小泉八雲から聞いた話」観てきたよ。

昨日、「奇ッ怪~小泉八雲から聞いた話」という舞台を観てきました。
場所は、三軒茶屋にある、シアタートラム。小劇場です。
 
Kikkai_2  
 
 

 



 

 
 
近くにある、世田谷パブリックシアターの方は一度だけ、観劇したことあったけれど、今回のところは初めて。初めての劇場に足を踏み入れる時って、ちょっとワクワクします。
 
この舞台を観ようと思ったのは、我らが、なるしーこと、池田成志さんが出演するから。
久し振りに成志さんを観れるnoteって思うと、テンション上がります。
 
主演は仲村トオルさん。実はトオルさんも好きな役者さんなんですよね。だから、即☆観劇決定したのでした。
 
ストーリーは小泉八雲の怪談話の中から5編を取り上げて、演出家・前川知大がアレンジして構成した、ノンストップ2時間物。前川さんは、劇団イキウメを主宰していて、今、大注目の演出家なんだそう。
そんな評判を目にして、さらに期待度アップup
 
実際に観た感想としては、評判通り、非常におもしろい舞台でした。不思議でもあり、ゾクっと怖くもあり、笑いもありで、また観たいな、と思わせるそんなお話でした。
 
 
とある古びた旅館。事件を追ってやってきた二人の刑事(池田成志、小松和重)と、そこに滞在していた作家(仲村トオル)が、奇怪な話を代わる代わる語り合っていく。
そうしていくうちに、追っていた事件と、物語であるはずの出来事がリンクし、その姿を少しずつ現わしていく。。 そんな不思議な世界。
 

芸達者な役者さんと、構成の巧みさと、舞台美術の世界観とが、うまく絡み合っていて、その世界にすぐに引き込まれました。

  
語られた5編は、「常識」「破られた約束」「茶碗の中」「お貞の話」「宿世の恋」。
 
2番目にに語られた「破られた約束」は怖かった。
最愛の妻が不治の病で亡くなる時に、「二度と妻は迎えない」と約束をした男が、間もなく再婚してしまったために起きる出来事。前妻の亡霊が鈴の音とともに、あらわれるのだけど、もう、ビクッとしてしまいましたよ。
 
そんな状態の中、次に語られた「茶碗の中」。
ある男が茶碗に茶を注いで飲もうとすると、茶碗の中に見知らぬ男が映っている。
何度やっても、見知らぬ男が映っていて。。。
私はこれがお気に入りです。なぜってそれは、成志ワールド全開だから(爆)sign01
いろんな顔の成志さんが見れます。白目むいてたり、とか(笑)。
やっぱり、成志さんはおもしろいhappy01 ちょっとした間の取り方とか、絶妙よね。
 
そんな成志さんとともに小松さんも笑わせてくれますが、彼は、途中、飛ばしまくる成志さんに笑いをこらえ切れなくなってました。そんな2人を相手に、冷静さを保つトオルさんは大変だなぁ、なんて、ふと、ね。
 
ラストの「宿世の恋」は、怪談牡丹燈籠のお話。来月、シスカンパニーの「怪談牡丹燈籠」を観に行くことになってるんだけど、ここで予習しちゃうことになりました、ハイ。
仲村トオルさんが新三郎役。
ここはトオルさんの独壇場かな。さすがです。
 

メインの三人(仲村トオル、池田成志、小松和重)の演技力を感じられた舞台でした。
途中、ほんの少しのシーンだけなんだけど、三人が誰も出ていないシーンがあって、そこですごくそれを感じました。
イキウメの劇団員だけのシーン。決して、下手な訳じゃないんだけど、何だか間が持たないというか、ふっと気が散ってしまうというか、求心力がないというか。。
ほんのちょっとした違いなのかもしれないけど、その違いが生み出すものは大きいんだなぁ、と思いましたね。
その力の差を感じたのでした。
 
観に行ってよかったheart04 観劇、サイコーgood
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LOSTシーズン3、地上波にて

気がついたら。。。

始まっちゃってるじゃないの~

LOSTシーズン3の地上波での放送。
先週からTBSで火曜日の深夜に始まってたらしい。

見逃した・・・(。>0<。)

シーズン2って、どんなところで終わったんだっけsign02
それすら、おぼろげなのに、

とりあえず、あらすじでもチェックしときますか。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »