« 「狭き門より入れ」観劇の巻 | トップページ | お小遣いを稼ごう!の巻 »

「南極料理人」

映画「南極料理人」を見てきました。
タイトルからしてなんだかとっても気になってた映画です。
そもそも、南極の観測隊員に調理担当の人がいるなんて知らなかったので、興味津々。
 
実際に南極の観測隊員で調理担当だった西村淳さんのエッセイが原作なので、特に大事件が起きる訳でもなく、観測の日々が淡々と、だけど、ユーモアたっぷりに描かれています。
大事件が起きそうな舞台(極寒の地・ある意味密室)は揃ってるのに、ホント、な~んにも起きないんですよね(笑)。


南極といえば、ペンギンなどの愛らしい動物を思い浮かべるけど、舞台となったドームふじ基地は、ペンギンやアザラシどころかウィルスさえも生きられないという極寒の地だそう。
ずっと太陽が出ている季節ならまだしも、太陽が全く昇らない季節などは、楽しみといったら、食べることくらいになっちゃうだろうことは想像できます。

だからなんだろうけど、「えっ!こんなに豪華な食事をしてるのsign02」って思うような、びっくりする食材が登場し、見ていてそこだけはうらやましい、とにかく、とってもおいしそうでした(笑)。
 
料理担当・西村を演じたのは、堺雅人さん。きたろうさん、生瀬勝久さん、豊原功補さんなど、個性的な役者さんたちが繰り広げる日々は、笑いが随所に散りばめられていて、見ていて、ほのぼの、おもしろかったです。

タイチョー(きたろう)が泣きながら懇願した料理、それはラーメン。
みんなで喜びをかみしめながら食べているそのラーメンは、キラキラとってもおいしそうでしたcatface
 

|

« 「狭き門より入れ」観劇の巻 | トップページ | お小遣いを稼ごう!の巻 »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/137035/31263940

この記事へのトラックバック一覧です: 「南極料理人」:

« 「狭き門より入れ」観劇の巻 | トップページ | お小遣いを稼ごう!の巻 »