旅行

熱海でお正月-その2

熱海でお正月-その1の続き。

翌日は2泊3日旅行の最終日、1月2日。宿を出発した後は、「熱海は箱根に近いでしょう」&「お正月の箱根といったら、箱根駅伝runでしょう」ということで、箱根にcar向かいましたー 

今日もよいsunお天気。途中の十国峠では、雄大なfuji富士山がどーんと登場。今日も青空、雲一つない。ん?・・・、よーく目を凝らしていると、うっすら山頂辺りに1つ2つと雲らしきものが見えてくる。でもそれは、雲のおまけみたいなものだ。気持ちがいいよね。

思い切って、箱根駅伝のゴール付近に行くことに。到着予定時刻13:30にはまだ程遠い時間だし、ゴール地点までには20分以上は歩きそうな距離なのに、駐車しているcar車がぞろぞろ。そこで車を降りて、つらつら歩く人の群れに参加する。

ゴール地点に着くと、予想以上の人々がすでにたくさん集まっていて、びっくり。人・人・人の中、辺りを歩いてみると、甘酒や豚汁が無料で配られてたり、グッズもたくさん売っていて、1つのイベントとして完全に定着している様子を実感。

そうこうしているうちにも、人はどんどん集まってくる。ゴールの時刻が近付くにつれ、各校の応援合戦も力が入って、賑やかになってきた。オーロラビジョンも設置されてたけど、陣取った場所からは遠かったし、ラジオを持っていかなかった(というか、持ってない)んで、順位はリアルタイムに知らない状態。時折、聞こえてくる周りの人のラジオや会話から、多少は知ることができた。

でも・・・、sign02sign02 モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

往路第一位の選手の姿が見えてきたsign03

えぇっっーーsign02 

「東洋大学だー」

もうびっくりです。ちょっと前に周りの人の会話で得た情報では、早稲田大学と、山梨学院大学がデッドヒートを演じてるって言ってたのに。いったい何が起こったんだーーー

そんな気分もあって、興奮状態。自宅に帰ってきてから、TVのニュースでチェックしたら、本当にすごかったんですね。東洋の5区、柏原選手。山の神を超えちゃったんだから。

あとはね、目の前の中央学院大学の応援団長の頑張りがすごかった。5区を走っているらしい選手名をずぅーーーっと連呼している様子に感心。かなり長い時間声を出し続けてたよ。だから、思わず一緒に「つじ」コール。その選手が応援団の前を通る時、応援団の方をちらっと見て笑顔になる様子が見えました。苦しそうな選手が多い中、彼は結構余裕あるなぁ、と。後で調べてみたら、彼の個人記録も結構よかったみたいですね。

初めて箱根のゴール地点で応援したけど、いやぁ、いろいろすごかったですよ。今日、総合優勝も東洋大学が勝ち取りましたが、今年は展開がおもしろかったsign01 早くから独走されちゃうと、見ていても面白味に欠けちゃったりするけど、今年は全体的に力が拮抗していて、首位が何回も変わったり、見ていて楽しい駅伝でした。

箱根駅伝を見た後は、御殿場プレミアム・アウトレットへ。セールが始まってるかなぁ、って思って行ってみたけど、あんまりOFFしてなかったdown 残念。だから、特になんにも買わずに帰ってきたよ。。 もうちょっと値段が下がるまで待ってみようっと。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熱海でお正月-その1

普段、年末年始に旅行なんて行かないんですが、今回は近場の熱海に行ってきましたconfident

熱海に行くのはとっても久しぶり。昔、別のところに旅行に行った時の帰り道で、熱海に寄った時のこと、あからさまにさびれた様子downを目のあたりして以来、足が遠ざかってました。

だけど、最近、復活してきたという噂を聞いたし、それに年末年始に熱海湾で花火大会があるっていうのもいいかなgoodって思って。

それにしても、熱海は坂が多いですねぇ。いやぁ、大変。階段も急だし、途中bus路線バスで移動したところもあったけど、運転手の技術に感動です。対向車ギリギリくらいの細いくねくね道を、まぁ、いとも簡単に進んでいくし。(って、当たり前なんですが・・)

今回はsunお天気にも恵まれて、着込んでいった私には暑いくらいでした。雪化粧をしたfuji富士山も、雲ひとつない青空にくっきり輪郭を現し、それを見て、日本人であることを意識します。

お宿に行く前に、時間があるので、『忍野八海』に寄り道。富士山の雪解け水が歳月をかけて濾過されたというここの水は、とってもきれい。澄み切っています。その1ヵ所(水深10M)をパチリ。

20081231112514_2   

 

 

 

 

 

 

  

高台に建つお宿に到着。

night夜の花火大会が想像以上にすごかったnote お部屋のテラスから見たんですが、目の前には電信柱、とっても邪魔してましたcoldsweats01 きれいだったんだけど、一部見えなかったところもあったかな。真正面から見た訳じゃないんでね。でも、翌日も開催されるっていうので、楽しみ2倍ですhappy01

2009_0101_203629dscn0252_3  

 

 

 

      

 

ね、邪魔してるでしょsign02

年越し蕎麦がお部屋に届けられた。でも、もうお腹いっぱいなんだけど。

 

翌日。今日から2009年です。初日の出sun、ちゃんと拝みました。今年一年、幸せな年になるように、お祈り。

朝食にびっくり。おせちの二段重ねじゃん。いろいろあって、すべては写し切れなかったけど、こんな感じ。すごいいっぱいあるよsign04 ごめんなさい。食べ切れませんdelicious

2009010107092920090101084819_2  

 

 

 

 

 

 

  

この日は、来宮神社と伊豆山神社にお参り。

来宮神社は屋台なんかも出ていて、それなりに賑やか。「商売繁盛&禁酒」 の神が祭ってあるらしい。もちろんそれ以外にもご利益あり、だそうですけど。

伊豆山神社は1月1日だというのに、かなり厳か。もっと早くに来れば、賑やかだったかもしれないけど。源頼朝と北条政子が逢っていたというお話も伝わっている神社です。ここは縁結びの神として有名だそうですね。男女の仲だけでなく、いろんな縁についてもそうです。ここのお守りがいろいろかわいかったので、その中の一つを購入。

「幸せの御守り」。黄色い小さなまぁるいところに、『幸』の文字。うん、かわいいheart04

神社にお参りに行くと、いつも参拝の方法とか、茅の輪くぐり(ちのわくぐり)の方法とか、わかんなくなるんですよねcoldsweats01 その辺、この神社は説明が丁寧に書いてあって、わかりやすかった。

参拝の方法 → 二拝二拍手一拝

茅の輪くぐり → 大きな輪を「∞」を描くように、左、右、左と、3回くぐる

そういえば、大正時代に昭和天皇(当時は皇太子)が植えたという松がそびえてた。あとは、役小角(えんのおづぬ)像とかもあったな。

参拝の後は、熱海駅前のお店でいろいろ物色。和菓子などを購入。あと、熱海土産って感じではないけど、杉養蜂園の「ゆず蜜」を購入。

この店でハチミツ入りソフトクリームを食べてたら、この店のおすすめ商品「ゆず蜜」をお湯で割ったドリンクの試飲と原液の試食を勧められたの。そしたら、すごくおいしくて、お店に貼ってあったレシピ、  oneヨーグルトやフルーツにかけて食べる。twoお湯で割って飲む。three味噌と混ぜて、ゆず味噌にする、などがすごく気になって、思わず買っちゃったhappy02 おすすめですgood

長くなってきたので、続きはその2で。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エジプト特番☆

超懐かしいよ~
今やってる4時間のエジプト特番。
「今夜!歴史が変わる古代エジプト三大ミステリー
  天才考古学者ザヒ博士の新発見!!」
私、エジプト行ったんだよなぁ。。真夏のエジプトに。
なんだか感慨深いものがあったりする。
ピラミッドの中にも入ったし、王のミイラも見たし、
ツタンカーメンの黄金のマスクも見た。
 
番組はエジプトのインディ・ジョーンズこと、
ザヒ・ハワース博士のプロジェクトに密着する形で進んでいく。
未だに発見されていない、クフ王の墓を発見すべく、
ギザの大ピラミッド内を探索していく博士。
小さな通気坑の先にその墓があると信じる博士。
アメリカの協力を得て、ロボットカメラを使って
その先を辿っていく。
すると予想に反して壁に突き当たった。
「ん!?」
壁と思われたものは壁ではなかった。扉の取っ手らしき
ものが見える。
いったいその先には何があるのか???
「見たい!」私も興味津々。
厚さ6cmの扉にごく小さな穴を開け、
ファイバースコープによってその真実を確かめることに。
その扉の向こうには空間があった。
しかし、そこにあったのはただの空間。
さらにその先に封印されたひび割れの扉が姿を現した。 
アメリカではこの様子が生中継されたらしい。
ひび割れの扉の先をまだ見ることはできない。
新たなロボットが出来るのを待って、その先に
あると必ずクフ王の墓と財宝が眠っていると
博士は信じている。
もしそうだったとしたら、そう考えると
本当にドキドキ。またその瞬間を見てみたい、そう思う。
 
そして、番組は続いている。。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JATA 世界旅行博 2007に行ってきた♪

134ヶ国以上の世界の国々が集まった旅行イベントが
東京ビッグサイトで開催されてるってことで、
行ってきましたー
ちょうど招待券ももらったしね。
  
お財布事情から、最近はなかなか海外旅行にも
行けてない(泣)けど、気分だけはいつでも行きたいって
思ってたりする。
そんな訳でこのイベントにちょっと興味があったのです。
普段あまり目にすることのないような国のブースが
立ち並んでて、きょろきょろしながら会場を巡る。
「ここって、どの辺にあるんだっけ?」って思っちゃうような
国がいっぱいで、うれしくなって興味を持ったパンフを
集めてたら、結構重くなっちゃった(笑)。
 
そんな中でも今回は中東特集だそうで、砂漠とか
なんか惹かれるんだよね。
最近ちょっと話題のドバイのブースは超・超・人だかり。
私も行ってみたいと思ってる国の一つで、
ぜひエミレーツ航空で行きたい! そう思ってる。
アンケートに答えると、ドバイの旅が当たる!って
ことで、その列に並ぼうとチャレンジしようとしたけど、
今回はここまで・・と断られ、次の時間に・・とのお話。
なので、時間をおいて、行ってみること3回程。
なのに、タイミングが合わず撃沈。
またもやお断り状態。
そのまま付近で待機してればよかったんだろうけど、
あ~あ、縁がない?
もしかして・・・(悲)。
 
あと行ってみたいのは、マチュピチュ遺跡のある
ペルー。中南米のコーナーを探す。
やっぱりここも人気があって、ちょうど行った時に
布製のちょっとしたバッグを配ってた。
イラストが結構かわいくて、うれしい。
 
チュニジアのブースでは、おすすめのホテル情報も
GET。
首都のチュニスやカルタゴといった国の北側にある
ところではなくて、そこからかなり南下したところの
クサール・ギレンにあるテントホテル。
その写真を見ると、かなりのインパクトで、
サハラ砂漠にテントが建ち並んでる感じなの。
だから一歩外に出ると、砂漠しかないっていう環境。
テントホテルの中は、ちゃんとしててシャワーも
トイレもあるらしいので、女性でも全く問題ないそうだ。
ちょっとなかなか体験できないよね。
出来れば体験してみたいな、って思えたかな。 
フランス領だった名残から、ヨーロピアンな外装の
建物や、白亜の壁にチュニジアン・ブルーと言われる
くっきりした青の扉。
ぱっと見た感じはギリシャの町並みのようにも見えた
けど、すごくそれもきれい。
 
実際行くことはないかもしれないけど、
ジンバブエにあるビクトリア・フォールズもすごそうだ。
 
なんでだかわかんないけど、ブータンも気になる
今日この頃。素朴な感じでいいですよね。
「あなたもブータン人になろう!」ってことで、
ブータンの衣装を着せてもらえたりってのもあった。
 
もちろん、北欧にだって行きたいし。
行きたいところは無限大に広がっていく。
 
来年も開催されるそうなので、機会があればぜひ。
ヘナアートやフェイスペイントをしてくれたり、
ゲームなどもあちこちのブースで行われてて、
それでうまくいくと、いろんなグッズや旅行などが
当たるってのもあるよ☆
 
旅行博2007のサイト
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北海道だ!(11) ― 旭山動物園 その4―

なんだか随分空いちゃいましたが、続いては
さるさる系のところへ、GO!
  
☆おらんうーたん館
 
TVで見て気になっていた、「オランウータンの綱渡り」
外にその場所があるのですが、私が行った日は
綱渡りお休み中で、それは見れなかった…(残念)
でも、建物内で、すごいことが起こってましたー
 
お父さん、お母さん、子供の3頭のオランウータンが
仲良くいるのかと思ってたら、どうもおかしい。
お父さんオランウータンはただひたすら、
お母さんオランウータンを追いかける。
お母さんオランウータンはなんとかして逃げ出そうと、いろんな知恵を振り絞る。
その横で、子供オランウータンはおかまいなしに、
あっちこっちをふーらふら。
 Img_0064
お母さんオランウータンは、すごい勢いで
お父さんオランウータンのいない方へと
走るのだけれど、あっという間に捕まっちゃう。
嫌がるお母さんオランウータンを全体重をかけて
引きずり降ろそうとしたりしてる。
いったいこの2人の関係は、
どうしちゃったんでしょうか(笑)。
ちょっとした小劇場で芝居を見ている感じ、かな。
  
  
☆チンパンジーの森
 
Img_0071
割と新らしめの施設らしい
「チンパンジーの森」
“森”っていっても、屋内施設です。
お母さんのおなかにぶら下がってる
子供チンパンジーもいたりして、
かわいかったですよ~
 
 
その他、まだまだいろいろあります。
きりんもいるし、トナカイも、あらいぐまも、エゾシカも、カバもいます。
でも、例えば、「ととりの村」など、冬の間は見れない施設も
あったりしますけどね。
 
あと、自動販売機もおさるさんで、かわいく“おめかし”してます。
 
Img_0070そんなこんなで、
滞在時間があんまり取れなくて、
ちょっと慌しかったですが、楽しかったです♪
また、行きたいな~~
 
ということで、北海道編、これにておしまい!
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道だ!(10) ― 旭山動物園 その3―

さてさて、旭山動物園、つづいては
「もうじゅう館」です。
 
☆もうじゅう館
 
うなり声が聞こえる。
威嚇?
何かに対しての訴えなのか・・・
  
目の前に、1頭の雄ライオンがいた。
一段高くて、一番雄雄しく見える、その岩の上に立っていた。
 
時折、すっとその場を悠然と離れ、そして、一番端にうずくまる。
檻ごしに隣を気にかけているのか、覗き込むしぐさを見せながら。
隣には出産準備中で離れて暮らす、1頭の雌ライオンがいた。
Img_0054
Img_0055
 
 
 
 
 
 
 
こちらに近寄ってくる。
そのライオンはまさしく、百獣の王だった。
 
 
寄り添って、すやすやと眠っている。
冬の北海道にしては暖かい日差しが、その2頭に降りそそぐ。
まるで、縁側でひなたぼっこしているように、
高い網の上で、毛並みを埋めるように、寄り添って眠っている。 Img_0060
Img_0059 
 
 
 
 
  
  
ヒョウ
の真下に立つと、肉球まで見ることができる。
こんなところまで見ることができるのは、他ではあまりなかなか
ないような気がする。 
もうじゅう館では、他にもトラとかクマとか、いろいろいます。
 
そして、次は、おらんうーたん館、チンパンジーの森へ行きますよ☆
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道だ!(9) ― 旭山動物園 その2―

旭山動物園巡りは続きます。
 
☆ほっきょくぐま館
 
こんなに近くで、こんなに活発に動いてる、泳いでる
“ほっきょくぐま”を見ることって、初めてな気がする。
Img_0047_3      

毛がふさふさした、 
大きい体で、水の中を  
すいぃーーっと泳ぐ。
 
 

   
 
     
   
 
 
 
 
Img_00462_3   
 
 
 
首だけ水面から出して、   
         ぶるぶるぶる。

 
 
間近でみると、ホントに
ものすごい迫力です!! 
ちょっと感動ものです☆



 


 
 
Img_0049_2Img_0050_1  
 
 
 
 
 
 
 
    
その他、水上では、気持ちよくzzzおねんね中の
“ほっきょくぐま”を発見! 
すごい気持ちよさそうでしたー
  
ここが人気なのは、よくわかった気がするよ~
見てて、おもしろかった、本当に。
 
   
☆あざらし館
 
あざらし館も結構人気がありましたー 
水中トンネルをくぐってくるところには人だかりが。    
“ペンギン館”や“ほっきょくぐま館”の方が私的には 
好きですが、ここもかわいかったですよ♪  
Img_0044       
   
     
 
 
 

 
              
入口近くにある“ととりの村”は冬季は見ることができません。 
鳥さんたちは寒さに弱いらしいです。 
  
つづいては、“もうじゅう館”に向かいま~す!   
その様子はまた後日。                

| | コメント (0) | トラックバック (1)

北海道だ!(8) ― 旭山動物園 その1―

今回の旅の一番の目的、旭山動物園
テレビでいろいろ放映されているのを見て、
すごく行きたくなっちゃった人気の動物園です。
 
いっぱい見てきましたー
でも、時間が少し足りなかったな~
 
朝早く、札幌の駅を出発し旭川へ。
旭川駅から今度はバスで、30~40分くらい乗ってような。
最終日に行ったので、夕方に新千歳空港に着いてないと
いけなかったから、大変だったよ。
 
たぶん動物園にいれたのは、“2時間ちょっと”でした・・。 
もうちょっと近いところにあるといいんだけど(苦笑)。
 
園内MAPを手に、巡っていきます。
Img_0083_1

   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
                       

☆ペンギン館

 
入口近くにあるので、やっぱりここに吸い寄せられるように
入りました(笑)。
まずは、館内の水槽内トンネルに向かいます。
 
カメラを片手に、なんとかペンギンの姿をとらえようとするんですけど、
む、むずかしい・・。
ホント、早いんですよ、ペンギンくんたちの泳ぎって。
Img_0077_3Img_0075_5

 
 
Img_0041_1 あっ、ちなみに、写真撮影はOKですが、 
建物内ではフラッシュ撮影は禁止です。
(どうすれば、フラッシュ禁止に設定
できるんだか忘れてて、  
ちょっとあせりました・苦笑) 
「ペンギンって、かわいいなぁ。」  
(☆▽☆ )(☆▽☆ )

 
なんで、あんなにかわいいんですかねぇ(笑)。
ある水槽の前で、一人のおばさんが軽く指でトントンたたくと、
近くにいたペンギンが、口をパクパクさせながら寄ってきたの。
もうね、その姿ったら、かわいくてしょうがない♪
みんなの歓声が上がってましたー
その様子がぜひ撮りたかったんだけど、 
いいポジションにいなかったので、断念・・。
     
外に出て、 陸に上がったペンギンさんたちを見る。
まるで、「僕たちを見て!」って言ってるかのよう。
ポーズをとってる。(ように見える・笑)
Img_0043_2Img_0042_2

  
Img_0082_2Img_0040_2

 

 
 
 

 

  
ペンギン館は帰り際にも、また入っちゃった。
だって、かわいいんだもーん。 
    
話題のペンギンパレードはもっと寒くならないとやらないみたいで、
(12月中旬~予定) 
私が行った時には見れませんでした・・(残念)。(←今はきっとやってますね)
 
つづいては、やっぱり大人気の、“ほっきょくぐま館”へ向かいま~す。
その様子はまた後日。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道だ!(7) ― 食☆その4 ―

さらなる食を求めて(笑)・・。
 
☆札幌で、スープカレー
 
札幌の街で、スープカレーを食べてみましたー
「YOSHIMI」っていうお店です。
 
せっかくだからって、北海道の海の幸いっぱいのにしてみたよ。
Img_0039_3辛さが5段階くらいあって、下から2番目の
“ちょっと辛い”で。
鮭とかエビとか、キャベツとか、 
いろいろ入ってたんだけど、
岩のりが入ってるのが、超不思議。
それがカレーに合ってるのかどうかも、
よくわかんない(笑)感じだったけど、 
スープカレーを口に入れると、
最初は「結構、辛いかな?」と思いつつ、
ラッシーとともに、食べてたら、後味はすーっと辛さが消えていった。
 
おいしかったけど、もうちょっと吟味してお店を選べばよかったような(苦笑)。
だって、後で見てみたら、東京でも食べられるんだもん、ココ。
しかも、池袋にあるなんて、行こうと思えばすぐ行けるよー
  
こうなったら、池袋のお店の方も行ってみるしかないか(笑)!
 
「YOSHIMI」のサイト(総合)はこちら
http://www.yoshimi-ism.com/
 
空港とかお土産屋さんとかに、ここのスープカレーが売ってたよ。
あと、帰りの新千歳空港で、大泉洋プロデュースの“スープカレー”を
買おうかどうしようか、じぃーっと眺めつつ考えたんだけど、
重たいからやめちゃった(笑)。
  
そしてつづく。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道だ!(6) ― 食☆その3 ―

食の旅はつづきます。
 
 
☆函館の朝市で、海鮮丼
 
やっぱり函館に来たならば、朝市で海鮮丼を
食べないとねーってことで、行ってきました、食べてきました☆
 
意外だったのは、そんなに混んでなくて、
だから、あんまり活気がないことかな。
うーむ。
予想してなかった感じでした。
 
でも、味はおいしかったのです♪
食べたのは、これ。
Img_0014_1気持ち的には、いっぱい食べたいところ
なんですけど、朝だし、どんぶり一杯は
ムリってことで、ミニ丼です。
ウニがあんまり好きじゃないので、
この組み合わせのにしましたー
えび、いくら、ほたての三色丼です♪
朝から、ごちそう食べちゃったよ!  
 
 
☆函館で、かに天丼
 
本当は、“たらば焼きがに”を山ほど食べたいところですが、
今回はそれを断念(笑)。
“タラバガニ”の天ぷらが4本も乗っちゃってる(←それ以外の天ぷらも)
豪華な天丼を食べましたー
Img_0012_1やっぱり、カニって素敵♪
ボリュームがあって、やっぱり
食べきれないから、とりあえず、
カニだけは全部食べるぞー(笑)との
意気込みを持って、堪能☆  
夜の終わりが早くて、やってるお店を
探すのも大変だった・・(苦笑)。  
(だから、ホテルのレストランモールみたいなとこで食べたの。)  
   
でも、おいしかったから、まぁ、いぃっかー
  
 
まだまだつづくよ、食の旅~
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧